ダイハツが「ロッキー」を一部改良 最上級グレードにモノトーンのカラーリングを設定

2020.06.01 自動車ニュース
ダイハツ・ロッキー プレミアム
ダイハツ・ロッキー プレミアム拡大

ダイハツ工業は2020年6月1日、コンパクトSUV「ロッキー」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

 
ダイハツが「ロッキー」を一部改良 最上級グレードにモノトーンのカラーリングを設定の画像拡大
 
ダイハツが「ロッキー」を一部改良 最上級グレードにモノトーンのカラーリングを設定の画像拡大

今回の改良では、これまでルーフを黒で塗り分けたツートンカラーしか設定のなかった最上級グレード「プレミアム」に、モノトーンのカラーバリエーションを追加。「G」グレードと同じくモノトーンを標準とし、ツートンカラーをオプション設定に変更した。

これに伴いプレミアムの価格も改定。FF車が214万5000円、4WD車が236万7200円と、ともに5万5000円の値下げとなった。なお、その他のグレードについては価格の変更はない。

(webCG)

関連キーワード:
ロッキー, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ロッキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ 2019.11.5 画像・写真 幅広いシーンで大活躍! 新型SUV「ダイハツ・ロッキー」と「トヨタ・ライズ」を写真で紹介。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
  • コンパクトSUV市場の活性化に期待! 「ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ」はここがスゴい 2019.11.25 デイリーコラム 東京モーターショー2019で“サプライズ発表”されたコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」と、兄弟車の「トヨタ・ライズ」。このクルマが注目されている理由とは? ライバル車との比較も交えつつ、その魅力と、コンパクトSUV市場で課せられた役割について考えた。
ホームへ戻る