トヨタ・カローラ スポーツに装備充実の特別仕様車 新たなボディーカラーも設定

2020.06.01 自動車ニュース
トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“スタイルパッケージ”
トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“スタイルパッケージ”拡大

トヨタ自動車は2020年6月1日、ハッチバック車「カローラ スポーツ」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「G“スタイルパッケージ”」「ハイブリッドG“スタイルパッケージ”」を設定。同日、販売を開始した。

 
トヨタ・カローラ スポーツに装備充実の特別仕様車 新たなボディーカラーも設定の画像拡大
「カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”」。写真のボディーカラーは、アティチュードブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ。
「カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”」。写真のボディーカラーは、アティチュードブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ。拡大

今回の特別仕様車は、「G」および「ハイブリッドG」がベース。ブラック塗装の16インチ専用アルミホイール、Bi-Beam LEDヘッドランプ、LEDデイライト、LEDフロントフォグランプなどが装着されるほか、フロントロアグリルのフレーム部をサテンクロムメッキで、リアバンパーをクロムメッキ加飾でドレスアップし、より精悍(せいかん)なスタイルを実現したとアピールされる。

インテリアについては、レザテックと合成皮革を組み合わせた専用表皮のスポーティーシートや、高精細の7インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが備わる。

価格は以下の通り。

  • G“スタイルパッケージ”(FF/6MT):244万円
  • G“スタイルパッケージ”(FF/CVT):248万5000円
  • G“スタイルパッケージ”(4WD/CVT):268万3000円
  • ハイブリッドG“スタイルパッケージ”(FF/CVT):276万円

同時に、カローラ スポーツ全車について、一部仕様変更が施された。ボディーカラーに新色のグレーメタリックとプラチナホワイトパールマイカが追加されたほか、これらの新色にアティチュードブラックマイカを組み合わせた2トーンカラーが設定された。さらに、一部グレードでシートヒーターが標準化された。

カローラ スポーツの価格は、「G“X”」(FF/6MT)の216万9000円から、「ハイブリッドG“Z”」(FF/CVT)の284万1000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ スポーツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】 2018.7.16 試乗記 「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る