ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタート

2020.06.05 自動車ニュース
アルピーヌA110カラーエディション2020
アルピーヌA110カラーエディション2020拡大

アルピーヌ・ジャポンは2020年6月5日、「アルピーヌA110」の特別仕様車「A110カラーエディション2020」を導入すると発表した。

 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大

今回のアルピーヌA110カラーエディション2020は、毎年コレクションを発表するファッションの世界に着想を得たという、仏アルピーヌが導入した特別なA110を毎年リリースするプログラム「アルピーヌA110カラーエディション」に沿ったものだ。

2020年モデルのベース車は最高出力292PSの1.8リッター直4ターボエンジンを搭載したハイパフォーマンスバージョン「A110S」。ボディーカラーには1960年代から70年代に人気を博した「ジョン トゥルヌソル(ひまわりの黄色)」を採用。アルピーヌの塗装エキスパートが、現代の塗装材で当時の質感を忠実に再現する。

エクステリアにはブラックエンブレム/モノグラムやカーボンルーフ、ブラック18インチアルミホイールなどを採用し、華やかなボディーカラーとのコントラストを形成。スポーティーさと個性を引き立てる。

インテリアもチタンブラックの内装とドアパネルのイエロー、イエロー/カーボンのエンブレム、ステアリングホイールのイエローセンターマーカーなど、コントラストを強調した色調に。センターコンソールには「ALPINE」ロゴ入りのリミテッドエディションプレートが添えられる。

専用装備の内容は以下の通り。

  • キャリパーカラー:ブラック
  • ヘッドランプブラックインサート
  • イエロー/カーボンエンブレム
  • 「ALPINE」ロゴ入りヘッドレスト(イエロー)
  • グレーステッチインテリア
  • レザー/マイクロファイバーステアリング(イエローセンターマーカー)
  • イエロー/カーボンエンブレム付きドアトリム
  • リミテッドエディションプレート(「ALPINE」ロゴ入り)

価格は911万円。台数制限は設けられておらず、2021年3月31日までの期間限定受注生産モデルとなっている。デリバリー開始は2020年12月以降となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110S(ヘリテージカラー採用車) 2020.11.5 画像・写真 2020年11月5日にスタートした、アルピーヌのカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」。その特別な“ヘリテージカラー”をまとう「アルピーヌA110S」の姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタート 2020.6.5 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年6月5日、「アルピーヌA110」の特別仕様車「A110カラーエディション2020」を導入すると発表した。1960年代から70年代に人気を博したというイエローのボディーカラー「ジョン トゥルヌソル」を採用している。
  • TOM'Sスープラ(後編) 2020.11.5 谷口信輝の新車試乗 レースで培った技術が生かされたコンプリートカー「TOM'Sスープラ」に、谷口信輝が試乗。後編では、TOM'Sがチューンしたパワーユニットや、専用仕立ての内外装についてリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
ホームへ戻る