ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタート

2020.06.05 自動車ニュース
アルピーヌA110カラーエディション2020
アルピーヌA110カラーエディション2020拡大

アルピーヌ・ジャポンは2020年6月5日、「アルピーヌA110」の特別仕様車「A110カラーエディション2020」を導入すると発表した。

 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大
 
ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタートの画像拡大

今回のアルピーヌA110カラーエディション2020は、毎年コレクションを発表するファッションの世界に着想を得たという、仏アルピーヌが導入した特別なA110を毎年リリースするプログラム「アルピーヌA110カラーエディション」に沿ったものだ。

2020年モデルのベース車は最高出力292PSの1.8リッター直4ターボエンジンを搭載したハイパフォーマンスバージョン「A110S」。ボディーカラーには1960年代から70年代に人気を博した「ジョン トゥルヌソル(ひまわりの黄色)」を採用。アルピーヌの塗装エキスパートが、現代の塗装材で当時の質感を忠実に再現する。

エクステリアにはブラックエンブレム/モノグラムやカーボンルーフ、ブラック18インチアルミホイールなどを採用し、華やかなボディーカラーとのコントラストを形成。スポーティーさと個性を引き立てる。

インテリアもチタンブラックの内装とドアパネルのイエロー、イエロー/カーボンのエンブレム、ステアリングホイールのイエローセンターマーカーなど、コントラストを強調した色調に。センターコンソールには「ALPINE」ロゴ入りのリミテッドエディションプレートが添えられる。

専用装備の内容は以下の通り。

  • キャリパーカラー:ブラック
  • ヘッドランプブラックインサート
  • イエロー/カーボンエンブレム
  • 「ALPINE」ロゴ入りヘッドレスト(イエロー)
  • グレーステッチインテリア
  • レザー/マイクロファイバーステアリング(イエローセンターマーカー)
  • イエロー/カーボンエンブレム付きドアトリム
  • リミテッドエディションプレート(「ALPINE」ロゴ入り)

価格は911万円。台数制限は設けられておらず、2021年3月31日までの期間限定受注生産モデルとなっている。デリバリー開始は2020年12月以降となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ボディーカラーに新色も 「アルピーヌA110」の限定車登場 2020.6.2 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年6月2日、「アルピーヌA110」の限定車「リネージGT」を導入すると発表した。カタログモデルの上位グレード「リネージ」をベースに、内外装に特別なカラーリングを採用しているのが特徴だ。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 第601回:来日したマーケティング担当者を直撃! アルピーヌのブランド戦略と今後の展開を問う 2019.11.7 エディターから一言 輸入車ブランドが大量撤退した2019年の東京モーターショーに、アルピーヌがあえて新規出展した理由とは? 新モデル「A110S」の特徴や、気になる今後のラインナップ展開などもあわせ、来日した同社マーケティング・ダイレクターのレジス・フリコテ氏に話を聞いた。
ホームへ戻る