GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理

2020.06.09 自動車ニュース
シボレー・カマロ
シボレー・カマロ拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年6月9日、スペシャリティークーペ/コンバーチブル「シボレー・カマロ」の一部仕様変更を発表した。納車開始は同年8月下旬を予定している。

 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。拡大

今回の変更では、カタログモデルのボディーカラーから「サテンスチールグレーメタリック」を廃止。「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の全4色の設定とした。

また、当初導入が予定されていた通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」についても採用を見送っており、従来モデルと同じくApple CarPlayやAndroid Autoに対応したインフォテイメントシステムを継続して採用している。

価格は以下の通り。

  • LT RS:541万円
  • SS:695万円
  • コンバーチブル:629万円
  • LT RS“ヘリテージエディション”:550万円(30台限定)
  • SS“ヘリテージエディション”:733万円(20台限定)
  • コンバーチブル“ヘリテージエディション”:630万円(40台限定)

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース