GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理

2020.06.09 自動車ニュース
シボレー・カマロ
シボレー・カマロ拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年6月9日、スペシャリティークーペ/コンバーチブル「シボレー・カマロ」の一部仕様変更を発表した。納車開始は同年8月下旬を予定している。

 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。拡大

今回の変更では、カタログモデルのボディーカラーから「サテンスチールグレーメタリック」を廃止。「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の全4色の設定とした。

また、当初導入が予定されていた通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」についても採用を見送っており、従来モデルと同じくApple CarPlayやAndroid Autoに対応したインフォテイメントシステムを継続して採用している。

価格は以下の通り。

  • LT RS:541万円
  • SS:695万円
  • コンバーチブル:629万円
  • LT RS“ヘリテージエディション”:550万円(30台限定)
  • SS“ヘリテージエディション”:733万円(20台限定)
  • コンバーチブル“ヘリテージエディション”:630万円(40台限定)

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • シボレー&キャデラックは新型車を大量投入【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.26 自動車ニュース 昨年11月の新型「キャデラック・エスカレード」に続き、年始早々に2台のニューモデルの日本導入を発表したゼネラルモーターズ。シボレーでは話題の新型「コルベット」もいよいよ納車が開始されるという。2021年は飛躍の年となるか? GMジャパンに話を聞いた。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
ホームへ戻る