GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理

2020.06.09 自動車ニュース
シボレー・カマロ
シボレー・カマロ拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年6月9日、スペシャリティークーペ/コンバーチブル「シボレー・カマロ」の一部仕様変更を発表した。納車開始は同年8月下旬を予定している。

 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。拡大

今回の変更では、カタログモデルのボディーカラーから「サテンスチールグレーメタリック」を廃止。「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の全4色の設定とした。

また、当初導入が予定されていた通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」についても採用を見送っており、従来モデルと同じくApple CarPlayやAndroid Autoに対応したインフォテイメントシステムを継続して採用している。

価格は以下の通り。

  • LT RS:541万円
  • SS:695万円
  • コンバーチブル:629万円
  • LT RS“ヘリテージエディション”:550万円(30台限定)
  • SS“ヘリテージエディション”:733万円(20台限定)
  • コンバーチブル“ヘリテージエディション”:630万円(40台限定)

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • SUVの「クラウン」はアリなのか? 絶滅危惧車の運命について考える 2020.11.23 デイリーコラム 販売不振にあえぐ大物セダン「トヨタ・クラウン」に未来はあるか? 現実味を帯びてきた“クラウンSUV化計画”や、クラウンと同様苦境に立たされた不人気モデルの今後について、識者はこう考える。
  • ベントレーが「フライングスパーV8」の生産をスタート 日本での納車開始は2021年第2四半期を予定 2020.11.18 自動車ニュース 英ベントレーが「フライングスパーV8」の生産を開始。エンジンは最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する4リッターV8ツインターボで、高い動力性能を発揮。職人の手作業で仕上げられる上質なインテリアも魅力となっている。価格は2256万1000円。
ホームへ戻る