メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデル

2020.06.25 自動車ニュース
メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ
メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、新型SUV「GLB」の日本導入を発表し、同日予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年7月ごろを予定している。

 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
GLB200d
GLB200d拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大
 
メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデルの画像拡大

手ごろなサイズと広い車内空間を両立

メルセデス・ベンツGLBは、取り回しのしやすいボディーサイズと高い空間効率を特徴とする、3列7人乗りのSUVである。車名にも表れている通り、メルセデス・ベンツのSUVラインナップでは「GLA」と「GLC」の間に位置しており、日本へは「200d」と「250 4MATICスポーツ」の2グレード構成で導入されることとなった。

エクステリアデザインは、立ち気味のAピラーとテールゲートが目を引く2ボックスのスタイリングが特徴で、クローム仕上げのフロントアンダーガードや、車体下部を覆う黒いプロテクターなどでSUVらしさを強調。同時に、エッジやプレスラインではなく、パネルの面形状で抑揚を表現したサイドビューなど、随所に最新のメルセデス・ベンツ車に共通するデザインを取り入れている。また、そのディメンションは悪路走行にも配慮したものとなっており、最低地上高は一般的な乗用車より大きい200mmを確保。未舗装路に加え、街中のちょっとした段差などにも気を遣わずに運転できるよう、配慮がなされている。

一方、インテリアはワイド感を強調する左右対称なインストゥルメントパネルが特徴で、メーターパネルなどのディスプレイをカウルなしで設置するなどして、開放感を表現。仕様に応じて用意されるアンビエントライトには、64種類の照明色を用意している。

また車内空間については、先述のボディー形状や2829mmのロングホイールベースによって、乗員が快適にくつろげる広さを確保。2列目シートには140mmの調整幅を持つ60:40分割式のスライド機構や、シートバックの角度を8段階で調整できる40:20:40の3分割式リクライニング機構が備わる。

「Sクラス」と同等とうたわれる運転支援システム

プレミアムブランドのSUVらしく装備は充実しており、インフォテインメントシステムには会話のような言い回しでボイスコントロールができるという「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を採用。携帯端末とのコネクティビティーも強化しており、前席まわりにQi規格のワイヤレスチャージング機能を標準装備するほか、1~3列目のいずれのシートにも、携帯端末の充電に用いるUSBポートを用意している。

また運転支援システム/予防安全システムについては「『Sクラス』と同等」とうたっており、ステレオマルチパーパスカメラとレーダーによって、より的確な交通状況の認識を実現。機能についても、既存のシステムより強化しているという。

具体的には、アダプティブクルーズコントロールには高速道路上では30秒以内、一般道では3秒以内の停車であれば、前走者の発進に続いて自動で再発進を行う「自動再発進機能」を採用。ドライバーのウインカー操作に応じて、自動で車線変更を行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」も装備している。一方、衝突回避支援機能には自動緊急ブレーキに加え、ドライバーのステアリング操作をアシストして衝突回避を支援する「緊急回避補助システム」も採用。前進、後退を問わず、車両の進行方向1m以内に障害物がある場合、アクセルを強く踏んでも車速を2km/h未満に抑え、警告音によりドライバーに誤操作の可能性を知らせる「ドライブアウェイアシスト」も装備している。

オフロード性能もおろそかにしない

エンジンのラインナップは2種類で、FF車のGLB200dには最高出力150PS、最大トルク320N・mの「OM654q」型2リッター直4ディーゼルターボを搭載。ピエゾインジェクターを用いたコモンレールダイレクトインジェクションシステムや、高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」の採用により、燃焼の最適化を追求している。

さらに排出ガスの後処理装置として、酸化触媒や、AdBlueを用いた2段階のSCR(選択式還元触媒)、sDPF(選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)などを採用。アンモニアスリップ触媒(ASC)の追加によって余剰を気にせずAdBlueを噴霧できるようになったこともあり、より高い窒素酸化物の処理能力を実現したという。

一方、4WD車のGLB250 4MATICスポーツには、最高出力224PS、最大トルク350N・mの2リッター直4ガソリンターボエンジンを採用。いずれもトランスミッションには、新開発のデュアルクラッチ式8段AT「8G-DCT」が組み合わされる。

また250 4MATICスポーツの駆動システムには、路面状況に応じて前後軸間の駆動力配分が変化するフルタイム4WDを採用。基本となる配分比は「ダイナミックセレクト」で選択される走行モードによって異なり、「エコ」「コンフォート」の場合は80:20、「スポーツ」の場合70:30といずれも前軸よりとなるが、「オフロード」モードでは動力伝達クラッチがセンターデフロックのように働き、基本駆動力配分が50:50となるという。

このほかにも、オフロードモードではABSのマネジメントも走破性重視の制御に切り替わるほか、障害物が発見しやすくなるようマルチビームLEDヘッドライトが車両の直前部を広く明るく照らすモードに変更。急な下り坂を一定の車速(2km/hから18km/hの間で任意に設定可能)で降りられる、「DSR(ダウンヒルスピードレギュレーション)」も用意している。

価格は以下の通り。

  • GLB200d:512万円
  • GLB250 4MATICスポーツ:696万円

(文=webCG/写真=メルセデス・ベンツ日本)

「メルセデス・ベンツGLB」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
GLB, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATIC/GLB200d 4MATIC【海外試乗記】 2019.12.10 試乗記 メルセデス・ベンツの新型SUV「GLB」は、「GLA」と「GLC」の間に位置づけられるモデル。都会派といわれるGLAやGLCに対してこちらはオフロード志向を強めたエクステリアが目を引くが、その出来栄えは? 日本導入が見込まれるガソリン/ディーゼル車に試乗し、実力を確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
ホームへ戻る