フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸

2020.07.15 自動車ニュース
フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ
フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年7月15日、新型のコンパクトクロスオーバーSUV「T-Roc(Tロック)」の国内導入を発表し、同日、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸の画像拡大

ティグアンとTクロスの中間サイズ

国内におけるフォルクスワーゲン(VW)の現行モデルラインナップでは、3車種目のSUVとなるTロック。先に導入されたより大型な「ティグアン」がSUVらしい走破性を、より小型な「T-Cross(Tクロス)」がコンパクトSUVならではのユーティリティー性を売りにしているのに対し、Tロックは洗練されたデザインによる「カッコよさ」を重視したモデルという位置づけだ。

ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4240×1825×1590mmで、ホイールベースは2590mm。まさにティグアンとTクロスの間にすっぽりと収まるサイズであり、同じVW車の中では「ゴルフ」とほぼ同じフットプリントとなっている。シャシーはVWグループのモジュラープラットフォーム「MQB」で、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式でリアがトレーリングアーム(トーションビーム)式となる。

フロントまわりには左右のヘッドランプを統合するようにレイアウトした大型のラジエーターグリルを採用。その全体をぐるりと囲むクロームストリップは、大型のボンネットとの間を分離する役割を持つとともに、Tロックの幅広さと存在感をより強調する効果があるという。前傾したCピラーが印象的なリアまわりは、グラス&ルーフエリアと3Dデザインからなるアッパーエリアと、3Dデザインのリアコンビランプが主張するミドルエリア、さらにバンパーエリアの3階建て構造を採用。より低く、より幅広く、よりスポーティーに見えるようにしている。

水平基調のダッシュボードは表示系と操作系を高い位置にレイアウトしたのが特徴だ。全車に標準装備のインフォテインメントシステム「ディスカバープロ」およびデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」はインストゥルメントパネルを横断するパネルによって一体化。ディスカバープロの8インチタッチスクリーンの表面はガラスパネルで覆われる。

キャビンの使い勝手にも配慮が行き届いており、シート高はフロントが572mmでリアが618mmと、SUVらしい視界のよさを確保。セグメントトップをうたうラゲッジスペースの容量は、5人乗車時が445リッターでリアシートの6:4分割の背もたれを倒した場合が1290リッターで、5人乗車時でも機内持ち込み可能なスーツケースが5個積めるようにしている。

ローンチ時のパワートレインは最高出力150PS/3500-4000rpm、最大トルク340N・m/1750-3000rpmの2リッター直4ディーゼルターボエンジンと7段のデュアルクラッチ式ATの組み合わせのみの設定で、駆動方式はFWDのみ。WLTCモードの燃費値は18.6km/リッターと公表されている。

運転支援装備の充実も自慢のひとつだ。全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールとレーンキープアシストに加えて、後方死角検知機能や後退時警告・衝突軽減ブレーキ、さらに歩行者も検知可能なプリクラッシュブレーキシステムを全車に標準装備。衝突時や被追突時に自動的に10km/h以下にまで減速するポストコリジョンブレーキシステムや6エアバッグなど、2次被害を防止する装備も採用している。

グレードは「TDIスタイル」「TDIスタイル デザインパッケージ」「TDIスポーツ」「TDI Rライン」の4タイプをラインナップ。TDIスタイル デザインパッケージには3種類のインテリアカラーが設定されており、シートの柄とダッシュボードのパネルが同じ色でコーディネートされる。TDIスポーツには専用スポーツシートに加えて、オプションのレザーシート(22万円)も用意される。スポーツシートはブラックとグレーのグラデーションをメインにレッドのアクセントステッチがあしらわれるほか、アンビエントライトもレッドで統一される。最上級グレードのTDI Rラインはスポーツシートのサイドボルスター部にマイクロフリースを採用。ダッシュボードのパネルのグレーとアンビエントライトのホワイトの組み合わせにより、クールかつスポーティーな空間を演出している。

ボディーカラーは「フラッシュレッド」「アトランティックブルーメタリック」「ホワイトシルバーメタリック」「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」「エナジェティックオレンジメタリック」「インジウムグレーメタリック」「ラヴェンナブルーメタリック」に有償色(3万3000円)の「ターメリックイエローメタリック」を加えた全9色をラインナップ。モノトーンだけでなく、グレードによってはブラックルーフとホワイトルーフが選べるようになっている。

価格は以下の通り。

  • TDIスタイル:384万9000円
  • TDIスタイル デザインパッケージ:405万9000円
  • TDIスポーツ:419万9000円
  • TDI Rライン:453万9000円

(文=webCG/写真=フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

フォルクスワーゲンTロックのより詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
Tロック, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • 日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開 2020.7.15 自動車ニュース 日産自動車は2020年7月15日、同社初となるクロスオーバータイプの電気自動車「アリア」を発表した。駆動方式やバッテリー容量の異なる複数のモデルがラインナップされており、2021年の中ごろには販売がスタートする見込み。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
ホームへ戻る