「BMW 3シリーズ セダン」に「318i」登場 2リッターターボの新たなエントリーモデル

2020.08.04 自動車ニュース

BMWジャパンは2020年8月3日、「3シリーズ セダン」の価格を改定するとともに、新グレード「318i」を設定し、販売を開始した。

エントリーグレードでも装備は充実

今回設定された318iは、既存の「320i SE」に代わる新たなエントリーグレードであり、ベーシックな318iとスポーティーな「318i Mスポーツ」の2つの仕様が用意される。いずれも最高出力156PS、最大トルク250N・mを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載しており、燃費性能はWLTCモードで13.4km/リッターとされている。

エントリーグレードとはいえ装備は充実しており、状況認識に高性能3眼カメラや高性能プロセッサー、レーダーを用いた予防安全・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を採用。特定条件下での“手放し運転”を可能にする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」や、車両が直前に走行したルートを最大50mまで記憶し、同じルートをバックで戻ることができる「リバース・アシスト機能」も用意されている。

コネクテッド機能についても、車載通信モジュールやスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」などで車両とユーザー、車両とITネットワークをシームレスでつなぐ「BMWコネクテッド・ドライブ」を標準装備している。

新グレード318iの価格、および既存のグレードの改定後の価格は以下の通り。

  • 318i:489万円
  • 318i Mスポーツ:559万円
  • 320i:538万円
  • 320i Mスポーツ:599万円
  • 320d xDriveエディションジョイ+:573万円
  • 320d xDrive Mスポーツ エディションジョイ+:625万円
  • 320d xDrive:597万円
  • 320d xDrive Mスポーツ:649万円
  • 330i Mスポーツ:647万円
  • 330e Mスポーツ エディションジョイ+:617万円
  • 330e Mスポーツ:672万円
  • M340i xDrive:987万円

(webCG)

BMW 318i Mスポーツ
BMW 318i Mスポーツ拡大

関連キーワード:
3シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
ホームへ戻る