「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車

2020.08.06 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン リミテッド
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン リミテッド拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年8月6日、ミニバン「ゴルフトゥーラン」に特別仕様車「TSIコンフォートライン リミテッド」を設定し、同年8月21日に300台の台数限定で発売すると発表した。

 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実の限定車の画像拡大

今回のゴルフトゥーランTSIコンフォートライン リミテッドは「TSIコンフォートライン」がベース。利便性と安全性を高めるべく装備の充実を図っているのが特徴だ。

具体的には、純正インフォテインメントシステム「ディスカバープロパッケージ」と、LEDヘッドライトや3ゾーンオートエアコンなどを組み合わせた「アップグレードパッケージ」を標準装備としたほか、イージーオープン機能付きのパワーテールゲートと駐車時に障害物への接近を音で知らせる「パークディスタンスコントロール」、シートヒーターも採用している。

特別装備の詳細は以下の通り。

  • ディスカバープロパッケージ(フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“ディスカバープロ”<SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、フォルクスワーゲンメディアコントロールアプリケーション対応>、ETC2.0対応車載器、モバイルオンライサービス“フォルクスワーゲンカーネット”<コネクティビティー機能“アップコネクト”、テレマティクス機能“ガイド&インフォーム”>、リアビューカメラ“リアアシスト”)
  • アップグレードパッケージ(LEDヘッドライト<オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル>、3ゾーンフルオートエアコンディショナー<運転席/助手席/2列目独立調整、自動内気循環機能付き>、アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター<花粉/ダスト除去外気導入フィルター>、スマートエントリー&スタートシステム“キーレスアクセス”、サンブラインド<リア左右>、シルバールーフレール、205/60R16タイヤ、6.5J×16 アルミホイール)
  • パワーテールゲート(挟み込み防止機能、“イージーオープン”機能付き)
  • パークディスタンスコントロール(フロント/リア、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)
  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • ヘッドライトウオッシャー
  • ヒーテッドウオッシャーノズル(フロント)

ボディーカラーは「インジウムグレーメタリック」のみの設定で、価格は404万2000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る