マセラティが「ギブリ」と「クアトロポルテ」に高性能モデル「トロフェオ」を設定

2020.08.11 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ トロフェオ
マセラティ・ギブリ トロフェオ拡大

伊マセラティは2020年8月10日(現地時間)、「ギブリ」および「クアトロポルテ」のハイパフォーマンスモデル「トロフェオ」を発表した。

クアトロポルテ トロフェオ
クアトロポルテ トロフェオ拡大
 
マセラティが「ギブリ」と「クアトロポルテ」に高性能モデル「トロフェオ」を設定の画像拡大
 
マセラティが「ギブリ」と「クアトロポルテ」に高性能モデル「トロフェオ」を設定の画像拡大
写真左から「クアトロポルテ トロフェオ」「レヴァンテ トロフェオ」「ギブリ トロフェオ」。
写真左から「クアトロポルテ トロフェオ」「レヴァンテ トロフェオ」「ギブリ トロフェオ」。拡大

すでにSUVの「レヴァンテ」に設定されているトロフェオは、高出力のV8エンジンを搭載した高性能モデルである。このレヴァンテにギブリとクアトロポルテを加え、「トロフェオのコレクションを拡張し、歴史に新たな章を加える」というのがマセラティの主張だ。

ギブリとクアトロポルテに積まれるのは最高出力580PS/6250rpm、最大トルク730N・m/2250-5250rpmの3.8リッターV8ツインターボエンジン。レヴァンテ トロフェオよりもピークパワーが10PS抑えられたこのユニットは、マラネッロのフェラーリ工場が製造を担当。フロントエンジン・リアドライブのセダンでもレヴァンテ(4WD)と同様のパフォーマンスが発揮できるように改良が施されている。0-100km/h加速のタイムは「ギブリ トロフェオ」が4.3秒で「クアトロポルテ トロフェオ」が4.5秒。最高速はともに326km/hと公表されており、マセラティ史上最速のセダンとうたわれている。

エクステリアにはハイパフォーマンスモデルであることを誇示する意匠が採用されており、フロントまわりはピアノブラック仕立てのデュアルバーグリルとカーボン仕立てのエアダクトトリムでよりアグレッシブな印象に。ボディーサイドのエアベントフレームとCピラーのサエッタロゴにはレッドのアクセントが加えられる。

インテリアにはイグニッションオンとともに専用インターフェイスが表示される新たなオンボードパネルを採用したほか、シートのヘッドレストには「Trofeo」のステッチが加えられる。

拡張されたトロフェオコレクションのローンチにあたってエクステリアカラーはクアトロポルテに「グリーン」を、レヴァンテに「ホワイト」を、ギブリには「レッド」を設定し、イタリア国旗のトリコロールによってマセラティのメイド・イン・イタリアのアイデンティティーを強調。それぞれつや消しクロームと光沢のあるレッドのトリムによってアグレッシブさとエレガントさも付与されている。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, ギブリ, クアトロポルテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルエンジン搭載車にファイナルモデル 2021.2.9 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2021年2月9日、SUV「レヴァンテ」のV6ディーゼルエンジン搭載モデル生産終了に伴う特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、24台の台数限定で販売を開始した。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る