マセラティが「ギブリ」と「クアトロポルテ」に高性能モデル「トロフェオ」を設定

2020.08.11 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ トロフェオ
マセラティ・ギブリ トロフェオ拡大

伊マセラティは2020年8月10日(現地時間)、「ギブリ」および「クアトロポルテ」のハイパフォーマンスモデル「トロフェオ」を発表した。

クアトロポルテ トロフェオ
クアトロポルテ トロフェオ拡大
 
マセラティが「ギブリ」と「クアトロポルテ」に高性能モデル「トロフェオ」を設定の画像拡大
 
マセラティが「ギブリ」と「クアトロポルテ」に高性能モデル「トロフェオ」を設定の画像拡大
写真左から「クアトロポルテ トロフェオ」「レヴァンテ トロフェオ」「ギブリ トロフェオ」。
写真左から「クアトロポルテ トロフェオ」「レヴァンテ トロフェオ」「ギブリ トロフェオ」。拡大

すでにSUVの「レヴァンテ」に設定されているトロフェオは、高出力のV8エンジンを搭載した高性能モデルである。このレヴァンテにギブリとクアトロポルテを加え、「トロフェオのコレクションを拡張し、歴史に新たな章を加える」というのがマセラティの主張だ。

ギブリとクアトロポルテに積まれるのは最高出力580PS/6250rpm、最大トルク730N・m/2250-5250rpmの3.8リッターV8ツインターボエンジン。レヴァンテ トロフェオよりもピークパワーが10PS抑えられたこのユニットは、マラネッロのフェラーリ工場が製造を担当。フロントエンジン・リアドライブのセダンでもレヴァンテ(4WD)と同様のパフォーマンスが発揮できるように改良が施されている。0-100km/h加速のタイムは「ギブリ トロフェオ」が4.3秒で「クアトロポルテ トロフェオ」が4.5秒。最高速はともに326km/hと公表されており、マセラティ史上最速のセダンとうたわれている。

エクステリアにはハイパフォーマンスモデルであることを誇示する意匠が採用されており、フロントまわりはピアノブラック仕立てのデュアルバーグリルとカーボン仕立てのエアダクトトリムでよりアグレッシブな印象に。ボディーサイドのエアベントフレームとCピラーのサエッタロゴにはレッドのアクセントが加えられる。

インテリアにはイグニッションオンとともに専用インターフェイスが表示される新たなオンボードパネルを採用したほか、シートのヘッドレストには「Trofeo」のステッチが加えられる。

拡張されたトロフェオコレクションのローンチにあたってエクステリアカラーはクアトロポルテに「グリーン」を、レヴァンテに「ホワイト」を、ギブリには「レッド」を設定し、イタリア国旗のトリコロールによってマセラティのメイド・イン・イタリアのアイデンティティーを強調。それぞれつや消しクロームと光沢のあるレッドのトリムによってアグレッシブさとエレガントさも付与されている。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, ギブリ, クアトロポルテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マセラティ・レヴァンテS(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.5.21 試乗記 マセラティのSUV「レヴァンテ」がいよいよ公道に降り立った。マセラティのDNAは、同社史上初のSUVにどう受け継がれたのだろうか。430psの3リッターV6ガソリン・ツインターボエンジンを搭載する上級グレード「レヴァンテS」に試乗した。
  • アストンマーティンDBX(前編) 2021.1.21 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、アストンマーティンが開発した高性能SUV「DBX」。そのステアリングを握った走りのプロには、どこか気がかりなところがあるようだが……?
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
ホームへ戻る