日産が「セレナ」の一部仕様を変更 安全装備を強化し「AUTECH」に新モデルを追加

2020.08.17 自動車ニュース
「日産セレナe-POWERハイウェイスターV」(右)と「セレナXV」(左)。
「日産セレナe-POWERハイウェイスターV」(右)と「セレナXV」(左)。拡大

日産自動車は2020年8月17日、ミドルクラスの箱型ミニバン「セレナ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」は、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などで 自車の回避操作が必要と判断した場合、警報によって運転者に注意を促す機能である。
「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」は、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などで 自車の回避操作が必要と判断した場合、警報によって運転者に注意を促す機能である。拡大
レーンキープアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロールの「プロパイロット」。今回の変更で、4種類の上級グレードに標準装備となった。
レーンキープアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロールの「プロパイロット」。今回の変更で、4種類の上級グレードに標準装備となった。拡大
セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック
セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック拡大
「AUTECHスポーツスペック」には、17インチアルミホイールと205/50ZR17サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」が装備される。
「AUTECHスポーツスペック」には、17インチアルミホイールと205/50ZR17サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」が装備される。拡大
ボディー補強の個所など、同じ「AUTECHスポーツスペック」でも、Sハイブリッド車とe-POWER車ではチューニングの内容が異なる。
ボディー補強の個所など、同じ「AUTECHスポーツスペック」でも、Sハイブリッド車とe-POWER車ではチューニングの内容が異なる。拡大

安全装備&運転支援システムの設定を拡大

今回の変更では、予防安全装置の「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全車標準装備としたほか、これまでオプション扱いだった運転支援システム「プロパイロット」を「ハイウェイスターV」「ハイウェイスターG」「e-POWERハイウェイスターV」「e-POWERハイウェイスターG」に標準装備した。

また「インテリジェントルームミラー」の設定グレードも拡大。標準装備となる4グレードに加え、「XV」「ハイウェイスターV」「e-POWER XV」「e-POWERハイウェイスターV」でもオプションで選択可能とした。

価格は257万6200円から380万9300円。

「AUTECHスポーツスペック」をe-POWER車にも設定

オーテックジャパンの手になるカスタムカー「AUTECH」シリーズも変更を実施しており、ハンドリングや加速感をチューニングした「AUTECHスポーツスペック」を、これまでのSハイブリッド車に加えてe-POWER車にも設定した。

AUTECHスポーツスペックは、17インチの大径タイヤや専用サスペンション、専用チューニングコンピューターなどの採用、およびボディー補強などを通して、優れた高速安定性と上質な乗り心地、心地よい加速フィーリングを追求したモデルである。e-POWER車への設定にあたっては、それらのチューニングを同車のパワートレインの特性に合わせて徹底的に見直し、e-POWER車ならではの気持ちのいい走りにさらに磨きをかけたという。

このほかにも、購入者の好みに合わせてインテリアのコーディネートが選択できる「AUTECHプレミアムパーソナライゼーションプログラム」をセレナにも設定。このプログラムを選択すると、シートの素材が本革となるほか、表皮の色を「ストーンホワイト」「タン」「ブラック」の3色から選択可能となる。また、いずれのシートカラーにおいても、素材の一部やステッチには、「AUTECH」のイメージカラーであるブルーがあしらわれる。

セレナAUTECHシリーズの価格は、322万5200円から419万2100円。

(webCG)

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース