ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編)

2020.09.17 谷口信輝の新車試乗 発売から20年以上たったいまでも、マニアを中心に人気を集めている「ホンダS2000」。今回は、アニバーサリーの純正グッズを装着したこのピュアスポーツに、レーシングドライバー谷口信輝が試乗した。果たしてその評価は?

“20年もの”の乗り味は……?

今回、谷口信輝に試乗してもらったのはホンダS2000である。

そう聞けば、「えー、20年も前にデビューしたクルマを、なんでいまさら!?」と皆さんは思われるだろう。けれども、今回、箱根のいつものワインディングロードに持ち込んだS2000は“ただのS2000”ではないのだ。

ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスは、発売20周年を迎えたS2000のために記念の純正アクセサリーを開発。そのテーマは「20年目のマイナーチェンジ」というもので、空力性能を意識した「フロントエアロバンパー」を新発売したほか、フロントは5段階で減衰力が調整可能な「スポーツサスペンション」をあらためてチューニングしてラインナップに加えた。

今回の試乗車は、これらの新商品に加えて、復刻アイテムとしてすでに設定されている「トランクスポイラー ダックテールタイプ」や「リアストレーキ」を装備。さらにインテリア系では20周年記念ロゴを配した「オーディオリッド」「フロアカーペット」、そして「フットライト」なども盛り込んだ、まさに“20年目のマイナーチェンジ版S2000”なのである。

雨のワインディングロードを走り終えた谷口に、早速その印象を尋ねてみた。
「えーとね、すっごく楽しいです。やっぱり、いいですねえ」

このとき浮かべていた笑顔を皆さんにご披露したかったほど、谷口はご満悦の様子だった。
「まず、ここでクルマに乗り込んで、すぐ目の前に見えるコーナーに入っていくまでの間に、すごいダイレクト感が伝わってきました。正直、こういうクルマですから静粛性を追求するとか、振動を消すとかっていうことはあまり意識されていないみたいですが、ちょっと走っただけで『スポーツ!』と叫びたくなるような感触は、さすがとしかいいようがないですね。本当に、メチャクチャ楽しいですよ。メチャクチャ楽しい」

 
ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編)の画像拡大
 
ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編)の画像拡大
 
ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編)の画像拡大
 
ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(後編) 2020.9.24 谷口信輝の新車試乗 新開発サスペンションを装着した懐かしのスポーツカー「ホンダS2000」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。その走りをじっくり味わったあとでプロが語った、スポーツカー開発で最も重要なこととは?
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る