クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第226回:人類最後の勝利者

2022.02.21 カーマニア人間国宝への道

フェラーリ大衆化の幕開け

思い起こせば28年前。私は32歳のサラリーマンにして、1163万2800円で1990年式「フェラーリ348tb」を購入し、「フェラーリであればすべて善し」「フェラーリを買えばシアワセになれる」を教義とする、大乗フェラーリ教を開闢(かいびゃく)。2年後には、『そのフェラーリください!』(講談社)なる、お笑いフェラーリ文学書を出版した。

それで何かが起きるとはカケラも思っていなかったが、街を歩いていると、「清水さんですね!? 僕も清水さんの本を読んでフェラーリを買いました!」と声をかけられるという、信じられない出来事が起きるようになった。本邦における、「フェラーリの大衆化」の始まりである。

私をフェラーリオーナーにしてくれたエノテン(中古フェラーリ専門店コーナーストーンズ代表・榎本 修氏)のもとには、フェラーリを求める大衆が殺到し(若干誇張アリ)、フルローンで中古フェラーリをゲットしてシアワセになる者が続出。21世紀初頭は、フェラーリ大衆化時代の全盛期となった。

フェラーリを購入する者の年収限界は、どんどん下がっていった。500万円、400万円、元祖年収300万円台オーナー「肉まん君」が登場し、そして「祐太郎」はついに年収200万円台でフェラーリをゲット。人類史にその名を刻んだ。

思えば、シアワセな時代だった。日本人の平均年収は横ばいだったが、バブル崩壊以来、フェラーリの中古価格は穏やかに下落を続けたし、ローン金利も史上最低レベルに張り付いたままだったからである。

年収400万円+ウーバーと出前館の配達を掛け持ちする副業でフェラーリを購入したという千葉の直人さん。今回はその納車に立ち会うために、中古フェラーリ専門店コーナーストーンズへと出向いた。
年収400万円+ウーバーと出前館の配達を掛け持ちする副業でフェラーリを購入したという千葉の直人さん。今回はその納車に立ち会うために、中古フェラーリ専門店コーナーストーンズへと出向いた。拡大
私は32歳のサラリーマンにして、1163万2800円で1990年式「フェラーリ348tb」を購入。その2年後にお笑いフェラーリ文学書『そのフェラーリください!』(講談社)を上梓(じょうし)した。これが本邦における「フェラーリの大衆化」のはじまりになり、21世紀初頭に全盛期を迎えた。
私は32歳のサラリーマンにして、1163万2800円で1990年式「フェラーリ348tb」を購入。その2年後にお笑いフェラーリ文学書『そのフェラーリください!』(講談社)を上梓(じょうし)した。これが本邦における「フェラーリの大衆化」のはじまりになり、21世紀初頭に全盛期を迎えた。拡大
この日、コナストで納車された「360モデナ」。フェラーリ初となるオールアルミのボディーに、最高出力400PSを発生する3.6リッターV8をリアミドに縦置きしている。
この日、コナストで納車された「360モデナ」。フェラーリ初となるオールアルミのボディーに、最高出力400PSを発生する3.6リッターV8をリアミドに縦置きしている。拡大

ウーバーと出前館の掛け持ちでフェラーリを

が、どんなものにも、はじまりがあれば終わりがある。

リーマンショック後の全世界的な金融緩和(アベノミクス含む)によって、中古フェラーリ相場は上昇に転じた。「F355」(6段MT)の合格点のタマだと、2010年前後の800万円くらいが底。現在は2000万円に達している。歳月の流れとともに、スーパーカー世代も高齢化し、フェラーリをあきらめて老後の準備に入った(推測)。

気がついた時には、フェラーリの大衆化は終わっていた。エノテンの店は、かつては貧乏人の駆け込み寺だったが、ここ数年は、「もう富裕層しか来てくれなくなりました。さみしいですウフフ~」(エノテン)という状況になったのである!

自分の使命は終わった。そう思ったとき、「まだだ! まだ終わらんよ!」と、熱いメッセージをくれる者が現れた。千葉の直人さんである。

「先日、コナストで『360モデナ』契約しました。夢のようであります。年収は低いですが頑張って維持します!」(直人)

思わず「低いとはいかほど?」と尋ねると、「400万円くらいです。最近副業でウーバーと出前館始めました」とおっしゃるではないか!

年収400万円は新記録ではないが、ウーバーと出前館の配達を掛け持ちするフェラーリオーナーはおそらく世界初! すげえっ! ちなみに配達には原チャリを使っているそうです。

1月30日。コーナーストーンズにて、直人さんの360モデナ(6段MT)の納車が行われると聞き、私も駆けつけた。

直人さんは50歳。「幼稚園のころ、スーパーカーショーに行ってました!」とおっしゃるので、最も若いスーパーカー世代だ。それが50歳というのが泣ける。

直人さんが購入した6段MTの「フェラーリ360モデナ」は総額1380万円。まるで新車のようなコンディションであった。
直人さんが購入した6段MTの「フェラーリ360モデナ」は総額1380万円。まるで新車のようなコンディションであった。拡大
「幼稚園のころ、スーパーカーショーに行ってました!」と語った千葉の直人さんは50歳。努力を重ね、子供のころの夢をかなえたのだ。
「幼稚園のころ、スーパーカーショーに行ってました!」と語った千葉の直人さんは50歳。努力を重ね、子供のころの夢をかなえたのだ。拡大
直人さんの「360モデナ」は、ブラックとレッドのコンビ表皮が採用された純正オプションのバケットシートや、2ピースの軽量アルミホイールなどが装備された個体だった。
直人さんの「360モデナ」は、ブラックとレッドのコンビ表皮が採用された純正オプションのバケットシートや、2ピースの軽量アルミホイールなどが装備された個体だった。拡大
直人さんがデリバリーの副業に使用している原チャリ。年収400万円での購入は新記録ではないが、ウーバーと出前館の配達を掛け持ちするフェラーリオーナーは、おそらく世界初!
直人さんがデリバリーの副業に使用している原チャリ。年収400万円での購入は新記録ではないが、ウーバーと出前館の配達を掛け持ちするフェラーリオーナーは、おそらく世界初!拡大

最後の大衆フェラーリオーナー

直人さんが買ったのは、まるで新車のような360モデナだった。いや、「まるで新車」というより「ズバリ新車」である。大切にされているフェラーリは不老不死なのだ。私のスッポン丸こと「328GTS」も不老不死ですから!

価格は総額1380万円。年収400万円+副業でウーバー&出前館の直人さんは、いったいどうやってモデナをゲットしたのか!?

直人:23年間「NSX」に乗ってましたが、「S2000」とともに手放して頭金を作って、足りない分はローンです。
オレ:23年間もNSXに!
直人:NSXは、もはや相棒とも呼べる存在でしたので、お別れはつらかったです。けど、大事に長く乗っていると、いいことありますね!
オレ:つまり、高く売れたんですね。
直人:買った時は7年落ちの400万円でしたけど、それが890万円で売れました。
オレ:げえっ! さすがNSX!
直人:S2000も、200万円が300万円になりました。

そうだったのか……。

確かに直人さんは、フェラーリを買ったのは初めてだが、23年前にNSXを買った時点で、今日の勝利が約束されていたのである。50歳で年収400万円、現在の愛車は「ノア」という人は、ウーバーや出前館を掛け持ちしても、1380万円のフェラーリは厳しかろう。

やはり、フェラーリの大衆化は終わった。直人さんは、人類最後の新規参入大衆フェラーリオーナーなのだ。最後のひとりを見届けることができて、大乗フェラーリ教開祖として感無量。涙が出た。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

23年間乗っていた「ホンダNSX」(左)と、同時に所有していた「ホンダS2000」。この2台を手放し頭金を作って、ローンで「360モデナ」を購入したという。
23年間乗っていた「ホンダNSX」(左)と、同時に所有していた「ホンダS2000」。この2台を手放し頭金を作って、ローンで「360モデナ」を購入したという。拡大
「NSX」は7年落ちの個体を400万円で購入(当時)し、それが今回890万円で売却できたそう。
「NSX」は7年落ちの個体を400万円で購入(当時)し、それが今回890万円で売却できたそう。拡大
「S2000」は200万円で購入(当時)し、300万円で売却できたとのこと。
「S2000」は200万円で購入(当時)し、300万円で売却できたとのこと。拡大
「360モデナ」を購入した直人さん(左)。人類最後の新規参入大衆フェラーリオーナーを見届けることができて、私は大乗フェラーリ教開祖として感無量である。
「360モデナ」を購入した直人さん(左)。人類最後の新規参入大衆フェラーリオーナーを見届けることができて、私は大乗フェラーリ教開祖として感無量である。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ の中古車
関連キーワード
NSXS2000ホンダ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。