「シトロエンC3」に日本だけのカラーリングを採用した特別仕様車「INSPIRED BY JAPAN COLLECTION」

2020.09.17 自動車ニュース
「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。
「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。拡大

グループPSAジャパンは2020年9月17日、シトロエンブランドのコンパクトハッチバック「C3」に特別仕様車「INSPIRED BY JAPAN COLLECTION(インスパイアードバイジャパンコレクション)」を設定し、販売を開始した。

「Hisui」のルーフステッカーはブロンズ/ブラック。
「Hisui」のルーフステッカーはブロンズ/ブラック。拡大
C3インスパイアードバイジャパンコレクションAnzu
C3インスパイアードバイジャパンコレクションAnzu拡大
「Anzu」のルーフステッカーはオレンジ/ブラック。
「Anzu」のルーフステッカーはオレンジ/ブラック。拡大
C3インスパイアードバイジャパンコレクションSuzuri
C3インスパイアードバイジャパンコレクションSuzuri拡大
「Suzuri」のルーフステッカーはタプナード/ブラック。
「Suzuri」のルーフステッカーはタプナード/ブラック。拡大
インテリアカラーは3タイプ共通。
インテリアカラーは3タイプ共通。拡大

今回のシトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクションは、フランスのデザインチームが監修した、和名を取り入れた日本だけのカラーリングが特徴だ。フォグランプベゼルとエアバンプのアクセント、ドアミラー、ルーフステッカーを専用にコーディネートした全3タイプをラインナップする。

ラインナップとそれぞれのカラーコーディネートは以下の通り。
【Hisui(翡翠)】

  • ボディーカラー:アーモンドグリーン
  • フォグランプベゼル:ブロンズ
  • エアバンプのアクセント:ブロンズ
  • ドアミラー:ホワイト
  • ルーフステッカー:ブロンズ/ブラック

【Anzu(杏)】

  • ボディーカラー:サーブル
  • フォグランプベゼル:マットオレンジ
  • エアバンプのアクセント:マットオレンジ
  • ドアミラー:ホワイト
  • ルーフステッカー:オレンジ/ブラック

【Suzuri(硯)】

  • ボディーカラー:ブランバンキーズ
  • フォグランプベゼル:タプナード
  • エアバンプのアクセント:タプナード
  • ドアミラー:タプナード
  • ルーフステッカー:タプナード/ホワイト

インテリアは全車共通で、既存の特別仕様車「キャラメルエディション」などと同じブラウンのテップレザーとヘリンボーンツイード調のファブリックでコーディネートした人気のカラーリングを採用している。

価格は256万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)【試乗記】 2021.8.18 試乗記 世界中で活躍するジープのコンパクトSUV「コンパス」がマイナーチェンジ。デザインをブラッシュアップし、装備を強化するなどの改良を受けた。装いも新たになった改良モデルの出来栄えを、中間グレード「ロンジチュード」で確かめた。
ホームへ戻る