「シトロエンC3」に日本だけのカラーリングを採用した特別仕様車「INSPIRED BY JAPAN COLLECTION」

2020.09.17 自動車ニュース
「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。
「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。拡大

グループPSAジャパンは2020年9月17日、シトロエンブランドのコンパクトハッチバック「C3」に特別仕様車「INSPIRED BY JAPAN COLLECTION(インスパイアードバイジャパンコレクション)」を設定し、販売を開始した。

「Hisui」のルーフステッカーはブロンズ/ブラック。
「Hisui」のルーフステッカーはブロンズ/ブラック。拡大
C3インスパイアードバイジャパンコレクションAnzu
C3インスパイアードバイジャパンコレクションAnzu拡大
「Anzu」のルーフステッカーはオレンジ/ブラック。
「Anzu」のルーフステッカーはオレンジ/ブラック。拡大
C3インスパイアードバイジャパンコレクションSuzuri
C3インスパイアードバイジャパンコレクションSuzuri拡大
「Suzuri」のルーフステッカーはタプナード/ブラック。
「Suzuri」のルーフステッカーはタプナード/ブラック。拡大
インテリアカラーは3タイプ共通。
インテリアカラーは3タイプ共通。拡大

今回のシトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクションは、フランスのデザインチームが監修した、和名を取り入れた日本だけのカラーリングが特徴だ。フォグランプベゼルとエアバンプのアクセント、ドアミラー、ルーフステッカーを専用にコーディネートした全3タイプをラインナップする。

ラインナップとそれぞれのカラーコーディネートは以下の通り。
【Hisui(翡翠)】

  • ボディーカラー:アーモンドグリーン
  • フォグランプベゼル:ブロンズ
  • エアバンプのアクセント:ブロンズ
  • ドアミラー:ホワイト
  • ルーフステッカー:ブロンズ/ブラック

【Anzu(杏)】

  • ボディーカラー:サーブル
  • フォグランプベゼル:マットオレンジ
  • エアバンプのアクセント:マットオレンジ
  • ドアミラー:ホワイト
  • ルーフステッカー:オレンジ/ブラック

【Suzuri(硯)】

  • ボディーカラー:ブランバンキーズ
  • フォグランプベゼル:タプナード
  • エアバンプのアクセント:タプナード
  • ドアミラー:タプナード
  • ルーフステッカー:タプナード/ホワイト

インテリアは全車共通で、既存の特別仕様車「キャラメルエディション」などと同じブラウンのテップレザーとヘリンボーンツイード調のファブリックでコーディネートした人気のカラーリングを採用している。

価格は256万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • 「シトロエンC3」の特別仕様車「Cシリーズ」発売 2021.4.1 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年4月1日、シトロエンブランドのコンパクトハッチバック「C3」に特別仕様車「Cシリーズ」を設定し、販売を開始した。内外装のアクセントカラーにマット仕上げの「ディープレッド」を採用し、シックな雰囲気に仕立てている。
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
ホームへ戻る