トヨタが「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車を設定 装備の充実で快適性をアップ

2020.10.01 自動車ニュース
トヨタ・ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”
トヨタ・ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”拡大

トヨタ自動車は2020年10月1日、ミニバンの「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車を設定し、同日に販売を開始した。

センタークラスターパネルにシルバーの加飾を採用し、きらめきが演出された「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」。
センタークラスターパネルにシルバーの加飾を採用し、きらめきが演出された「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」。拡大
「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」のインテリア。専用シート表皮の採用で高級感をアップしたという。
「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」のインテリア。専用シート表皮の採用で高級感をアップしたという。拡大
トヨタ・ノアSi“W×B Ⅲ”
トヨタ・ノアSi“W×B Ⅲ”拡大
ブラック&フロマージュの内装色が採用された「ノアSi“W×B Ⅲ”」。
ブラック&フロマージュの内装色が採用された「ノアSi“W×B Ⅲ”」。拡大

今回の特別仕様車は、ヴォクシーが「ZS」をベースとした「ZS“煌(きらめき)Ⅲ”」、ノアが「Si」をベースとした「Si“W×B Ⅲ”」。高級感や快適性を高める装備の採用が、セリングポイントとされている。

ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”は、フードモールやセンタークラスターパネルなど、内外装の随所にシルバーを配しきらめきを演出。インテリアでは専用シート表皮や合成皮革巻きのドアトリムオーナメントを採用し、デュアルパワースライドドアやリアオートエアコンに加え、LEDのルームランプ、ナノイー発生装置を特別装備した。

いっぽうのノアSi“W×B Ⅲ”では、特別設定されたブラック&フロマージュの内装色が特徴。メッキ加飾が施されたドアミラーや黒木目調加工の本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(ガソリン車)を採用するほか、デュアルパワースライドドア、リアオートエアコンに加え、スーパーUVカットやIRカット、はっ水機能付きのガラス、LEDのルームランプ、ナノイーを特別装備している。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”:290万9500円~344万3000円
  • ノアSi“W×B Ⅲ”:290万9500円~344万3000円

(webCG)

関連キーワード:
ヴォクシー, ノア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • 羽生永世7冠もびっくり!? ホイールのハブボルト締結化でクルマはどう変わるのか? 2021.7.14 デイリーコラム 2021年6月12日に世界初公開された新型「レクサスNX」では、「IS」と同様にホイールの固定方法がナット式からボルト式に変更された。部品としてはごく小規模な改良だが、果たしてどれほどの効果があるのだろうか。レーシングドライバー山野哲也氏にも意見を聞いてみた。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
ホームへ戻る