トヨタが「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車を設定 装備の充実で快適性をアップ

2020.10.01 自動車ニュース
トヨタ・ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”
トヨタ・ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”拡大

トヨタ自動車は2020年10月1日、ミニバンの「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車を設定し、同日に販売を開始した。

センタークラスターパネルにシルバーの加飾を採用し、きらめきが演出された「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」。
センタークラスターパネルにシルバーの加飾を採用し、きらめきが演出された「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」。拡大
「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」のインテリア。専用シート表皮の採用で高級感をアップしたという。
「ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”」のインテリア。専用シート表皮の採用で高級感をアップしたという。拡大
トヨタ・ノアSi“W×B Ⅲ”
トヨタ・ノアSi“W×B Ⅲ”拡大
ブラック&フロマージュの内装色が採用された「ノアSi“W×B Ⅲ”」。
ブラック&フロマージュの内装色が採用された「ノアSi“W×B Ⅲ”」。拡大

今回の特別仕様車は、ヴォクシーが「ZS」をベースとした「ZS“煌(きらめき)Ⅲ”」、ノアが「Si」をベースとした「Si“W×B Ⅲ”」。高級感や快適性を高める装備の採用が、セリングポイントとされている。

ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”は、フードモールやセンタークラスターパネルなど、内外装の随所にシルバーを配しきらめきを演出。インテリアでは専用シート表皮や合成皮革巻きのドアトリムオーナメントを採用し、デュアルパワースライドドアやリアオートエアコンに加え、LEDのルームランプ、ナノイー発生装置を特別装備した。

いっぽうのノアSi“W×B Ⅲ”では、特別設定されたブラック&フロマージュの内装色が特徴。メッキ加飾が施されたドアミラーや黒木目調加工の本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(ガソリン車)を採用するほか、デュアルパワースライドドア、リアオートエアコンに加え、スーパーUVカットやIRカット、はっ水機能付きのガラス、LEDのルームランプ、ナノイーを特別装備している。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • ヴォクシーZS“煌 Ⅲ”:290万9500円~344万3000円
  • ノアSi“W×B Ⅲ”:290万9500円~344万3000円

(webCG)

関連キーワード:
ヴォクシー, ノア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴォクシー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • BMW F900Rプレミアムライン(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.28 試乗記 パラレルツイン(並列2気筒エンジン)を搭載した“BMW Fシリーズ”の新作「F900R」。モデルチェンジにより新しいエンジンを得たBMWのミドルクラス・ネイキッドは、よりスポーティーに、アグレッシブにライディングを楽しむためのバイクに変貌を遂げていた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る