特別仕立ての本格オフローダー「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン リーコン」登場

2020.10.07 自動車ニュース

FCAジャパンは2020年10月6日、本格オフローダー「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン リーコン」を発表した。同年10月17日に、200台の台数限定で発売する。

ラングラー アンリミテッド ルビコン リーコンは、「ラングラー アンリミテッド ルビコン」をベースに、内外装の個性を一段と強め、オフロード走行用の装備を充実させた限定車。

エクステリアは、ブラックのフロントグリルやブラックデカール付きのエンジンフードおよびフェンダーで精悍(せいかん)なイメージを演出。ブラック仕上げの専用17インチアルミホイールや、岩場などで車体への衝撃を緩和するステップアシスト付きヘビーデューティーロックスライダー、大径タイヤの背面装着に対応するMopar(モパー)製ヒンジゲートレインフォースメントを装着することで、機能性を高めつつストイックな雰囲気を強めたとアピールされる。さらに、オフロード走行やレスキューに役立つタイダウンクリップとけん引ストラップ、Dリング、グローブがセットになった「ジープ トレイルレイテッドキット」も備わる。

インテリアはブラック基調で、専用のレッドカラーシートベルトやレッドステッチ入りインストゥルメントパネルがアクセントとなっている。

価格は629万円。ボディーカラーは、ターコイズブルー系の「ビキニP/C」(限定100台)と、「ラングラー アンリミテッド サハラ」にも設定されている「グラナイトクリスタルメタリックC/C」(同100台。ラングラー アンリミテッド ルビコンでは初)が選べる。

(webCG)

ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン リーコン
ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン リーコン拡大

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
ホームへ戻る