「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場

2020.10.21 自動車ニュース
ボルボV60
ボルボV60拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。

 
「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場の画像拡大

今回はパワートレインを一新。純ガソリンモデルがラインナップから外れ、新設定された48Vマイルドハイブリッドのガソリンエンジンモデルと既存のプラグインハイブリッドモデル「T8 Twin Engine」を改称した「リチャージ プラグインハイブリッドT6」の設定により、全車が電動パワートレインを搭載することになった。

48Vマイルドハイブリッドモデルは最高出力13.6PS、最大トルク40N・mのモーターが2リッター直4ガソリンターボエンジンをアシスト。モーターは回生ブレーキによる発電やエンジンの始動、出力の補助などに活用される。エンジンの出力に応じて「B4」と「B5」が設定され、前者は最高出力197PSと最大トルク300N・mを、後者は同250PSと同350N・mを発生。エンジンには気筒休止機構が採用され、一定条件を満たした場合に2気筒走行ができる。組み合わされる変速機は8段ATで、駆動方式は全車FWDとなっている。WLTCモードの燃費値はB4、B5ともに12.8km/リッター。グレードラインナップはB4が装備を簡素化したエントリーグレードの「モメンタム」のみ。B5には装備充実の「インスクリプション」に加えて、スポーツサスペンションや専用スポーツシート、スポーツステアリングホイールなどを装備した「R-DESIGN」をラインナップする。

プラグインハイブリッドモデルは価格を抑えたエントリーグレード「リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション エクスプレッション」と上級グレード「リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション」の2グレード展開。WLTCモードの燃費値はいずれも13.7km/リッターと公表されている。

装備の充実も図っており、「CleanZone アドバンストエアクオリティーシステム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付き)」を新たに採用。車内のPM2.5粒子を最大で95%排出できるなど、大気汚染や微粒子による健康への影響を抑制する。さらにスマートフォンのワイヤレス充電機能を装備するほか、オプションの「B&Wプレミアムサウンドオーディオシステム」がアップグレードされ、新たに「ジャズクラブ」モードが追加された。

さらに、交通事故による死者と重傷者をゼロにするというボルボの方針により、最高速を180km/hに制限。運転経験の浅いドライバーや高齢のドライバーなどが運転する際にあらかじめ最高速をより低く設定しておける「ケアキー」も導入した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • B4モメンタム:499万円
  • B5インスクリプション:624万円
  • B5 R-DESIGN:624万円
  • リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション エクスプレッション:684万円
  • リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:799万円

(webCG)

関連キーワード:
V60, ボルボ, 自動車ニュース