ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビュー

2020.10.22 自動車ニュース
メルセデスAMG GLA35 4MATIC
メルセデスAMG GLA35 4MATIC拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、「メルセデス・ベンツGLA」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年12月ごろが予定されている。

 
ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビューの画像拡大
 
ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビューの画像拡大
 
ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビューの画像拡大

メルセデスAMG GLA35 4MATICは「A35 4MATIC」や「CLA35 4MATIC」などに続く「メルセデスAMG 35」シリーズの第5弾となるモデルだ。高出力エンジンや専用セッティングのシャシーなどでパフォーマンスを高めつつ、快適性にも配慮されているのが特徴となっている。

フロントに横置きされるパワーユニットは最高出力306PS、最大トルク400N・mを発生する2リッター直列4気筒ターボの「M260」エンジン。8段のデュアルクラッチ式AT「AMGスピードシフトDCT」を介して4輪を駆動する。トルクは「AMG 4MATIC」によって前後100:0から50:50の範囲で連続可変配分される。エンジンやトランスミッション、連続可変ダンパーなどを統合制御するドライブモードは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」に「インディビジュアル」を加えた全5種類が用意される。

エクステリアデザインは標準のGLAに設定される「AMGライン」を基本に、AMGモデルならではの要素を取り入れている。フロントにはルーバーを縦にレイアウトしたAMG専用フロントグリルを採用し、よりダイナミックなスタイルに。リアにはクローム仕上げのデュアルエキゾーストエンドを装備する。

インテリアではフル液晶メーターの「コックピットディスプレイ」に3種類のAMG専用表示スタイルを設定。標準装備のヘッドレスト一体型のセミバケットシートは、オプションの「AMGパッケージ」装着によって「AMGパフォーマンスシート」にアップグレードすることも可能だ。

価格は707万円。

(webCG)

関連キーワード:
GLA, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLA の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.14 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」がフルモデルチェンジして2代目に生まれ変わった。各ブランドの自信作がひしめき合う激戦区に投入された、メルセデスの最新コンパクトSUVの仕上がりをリポートする。
  • メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.8.13 試乗記 注目すべきは最高出力612PSのパワーだけにあらず。48Vのマイルドハイブリッド機構や電子制御スタビライザーなどのハイテクを満載した「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+」は、洗練された乗り心地とハンドリングも併せ持つハイパフォーマンスSUVに仕上がっていた。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
ホームへ戻る