「レンジローバー」の誕生50周年を記念する限定車3モデルが同時デビュー

2020.11.02 自動車ニュース
ランドローバー・レンジローバー50thコレクション
ランドローバー・レンジローバー50thコレクション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年11月2日、ランドローバーのSUV「レンジローバー」「レンジローバー スポーツ」「レンジローバー イヴォーク」の3車種それぞれに特別仕様車「50thコレクション」を設定。同日、受注を開始した。

レンジローバー50thコレクション
レンジローバー50thコレクション拡大
「レンジローバー50thコレクション」のインテリア。写真は内装色が「アーモンド」のもの。
「レンジローバー50thコレクション」のインテリア。写真は内装色が「アーモンド」のもの。拡大
「22インチ“スタイル5044” 5スプリットスポーク」と名づけられた、「レンジローバー50thコレクション」のアルミホイール。
「22インチ“スタイル5044” 5スプリットスポーク」と名づけられた、「レンジローバー50thコレクション」のアルミホイール。拡大

今回のモデルは、2020年9月11日に受注を開始した「レンジローバーFifty」に続く、レンジローバーのデビュー50周年を記念した特別仕様車。3モデルとも日本市場向けに独自に企画されたもので、全モデルに「RANGE ROVER 50th Collection」のステッカーが添えられる。

「レンジローバー50thコレクション」は、パノラミックルーフ、Meridianサラウンドサウンドオーディオシステム、スエードクロスヘッドライニング、イルミネーテッドドレッドプレートなどが備わる2021年モデルの限定グレード「ウエストミンスター」がベース。22インチ“スタイル5044” 5スプリットスポーク(グロスシルバーフィニッシュ)やパネル(シャドーウオールナットまたはグランドブラック)などを追加することで重厚感を増したという。

レンジローバー50thコレクションの主な装備と価格は以下の通り。

  • パノラミックルーフ
  • スエードクロスヘッドライニング
  • 22インチ“スタイル5044” 5スプリットスポーク(グロスシルバーフィニッシュ)
  • シャドーウオールナットのパネル(ボディーカラーがポルトフィーノブルーのモデルのみ)
  • グランドブラックのパネル(ボディーカラーがフジホワイトのモデルのみ)
  • Meridianサラウンドサウンドオーディオシステム
  • 空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付き)
  • テレインレスポンス2
  • オールテレインプログレスコントロール
  • ウェイドセンシング
  • ドライブプロパック
  • パークパック
  • RANGE ROVER 50th Collectionスペシャルステッカー

価格は1580万円。エクステリアカラー×インテリアカラーの組み合わせと販売台数は以下の通り。

  • ポルトフィーノブルー×アーモンド(5台)
  • フジホワイト×エボニー(15台)
レンジローバー スポーツ50thコレクション
レンジローバー スポーツ50thコレクション拡大
「レンジローバー スポーツ50thコレクション」のインテリア。
「レンジローバー スポーツ50thコレクション」のインテリア。拡大

「レンジローバー スポーツ50thコレクション」は、マイルドハイブリッドテクノロジーを採用した直列6気筒「インジニウム」ディーゼルエンジンを搭載する「SE」をベースに、ブラックエクステリアパックや21インチ“スタイル9001”9スポークホイール(グロスブラックフィニッシュ)を装備。パワージェスチャーテールゲートやステアリングホイール(ヒーター付き)なども与えられる。

レンジローバー スポーツ50thコレクションの主な装備は以下の通り。

  • ブラックエクステリアパック
  • 21インチ“スタイル9001” 9スポーク(グロスブラックフィニッシュ)
  • 自動防げんドアミラー(電動格納、ヒーター、アプローチライト、メモリ付き、運転席側自動防げん)
  • ステアリングホイール(ヒーター付き)
  • 60:40分割可倒式2列目シート(ラゲッジスルー可能)
  • 空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付き)
  • パワージェスチャーテールゲート
  • ドライブプロパック
  • RANGE ROVER 50th Collectionスペシャルステッカー

ボディーカラーとそれぞれの販売台数、価格は以下の通り。

  • ハクバシルバー(20台):1010万円
  • フジホワイト(40台):999万9000円
レンジローバー イヴォーク50thコレクション
レンジローバー イヴォーク50thコレクション拡大
「レンジローバー イヴォーク50thコレクション」のコックピット周辺部。
「レンジローバー イヴォーク50thコレクション」のコックピット周辺部。拡大

「レンジローバー イヴォーク50thコレクション」は「R-DYNAMIC S」をベースに、「ドライバーアシストパック」や「ブラックエクステリアパック」を装着した限定車。エクステリアカラーはユーロンホワイト、サントリーニブラック、ソウルパールシルバー、フィレンツェレッドの4色が選べる。

レンジローバー イヴォーク50thコレクションの主な装備は以下の通り。

  • コントラストルーフ
  • ブラックエクステリアパック
  • メタリックペイント
  • 20インチ“スタイル5079”ブラックホイール
  • オートハイビームアシスト
  • プレミアムLEDヘッドライト
  • オートヘッドライトレベリングシステム
  • 10ウェイシート(ヒーター付き)
  • インフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」
  • インタラクティブドライバーディスプレイ
  • 空気イオン化テクノロジー
  • パワーテールゲート
  • ドライバーアシストパック
  • RANGE ROVER 50th Collectionスペシャルステッカー

価格は749万円で、エクステリアカラー×インテリアカラーの組み合わせと限定台数は以下の通り。計150台が販売される。

  • ユーロンホワイト×エボニー(74台)
  • サントリーニブラック×エボニー(39台)
  • ソウルパールシルバー×エボニー(29台)
  • フィレンツェレッド×エボニー(8台)

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, レンジローバー, レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編) 2020.11.12 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、クロスカントリーの雄「ランドローバー・ディフェンダー」に試乗。谷口が抱いていたイメージを覆すほどの、新型の走りのポテンシャルとは?
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る