「アウディQ2」のクリーンディーゼル車が登場

2020.11.04 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2020年11月4日、コンパクトSUV「アウディQ2」に新グレード「35 TDIスポーツ」を追加設定し、同年12月に発売すると発表した。

今回新たに導入されるQ2 35 TDIスポーツは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力150PS/3500-4000rpm、最大トルク340N・m/1750-3000rpm)を搭載するモデル。トランスミッションにはTDIの特性に合わせてギア比を全体的に低めた7段Sトロニックが採用されており、駆動方式はFFとなっている。燃費はWLTCモードで16.0km/リッター。

装備の充実もセリングポイントのひとつで、MMIナビゲーションシステムやスマートフォンインターフェイス等を含む「ナビゲーションパッケージ」のほか、バーチャルコックピットやオートマチックテールゲートといった快適装備、多くの運転支援システムがセットになった「アシスタンスパッケージ」が備わる。

価格は489万円で、ハンドルの位置は右のみとなる。

なお、日本市場におけるQ2は、このほかに1リッター直3ガソリンターボ(最高出力116PS、最大トルク200N・m)の「30 TFSI」と「30 TFSIスポーツ」、1.4リッター直4ガソリンターボ(同150PS、同250N・m)の「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」、2リッター直4ガソリンターボ(同300PS、同400N・m)の「SQ2」がラインナップされている。

(webCG)

アウディQ2 35 TDIスポーツ
アウディQ2 35 TDIスポーツ拡大

関連キーワード:
Q2, アウディ, 自動車ニュース