祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか?

2020.11.16 デイリーコラム

すっかり欠かせない存在に

ネット上ではこれまでさまざまな臆測が飛び交ってきた次期型「BRZ」。北米スバルが先日公開した「チラ見せ」に続き、日本時間の11月18日23時には、ついに新型BRZの姿が明らかになるという。

燃費規制がさらに厳しくなる時代にあって、環境性能の向上というハードルが高いスポーツカーを、スバルが継続するのはなぜか?

その理由は、BRZはスバルにとって、そして(兄弟車の)「86」はトヨタにとって、もはや“欠かせない存在”となっているからだ。

振り返れば10年ほど前、トヨタとのアライアンスとしてスバルがFRスポーツ車を発売すると聞いたときに、多くのスバルファンが耳を疑ったのを思い出す。長年にわたりAWDの優位性を強くアピールし続けてきたメーカーと、それを信じてついてきたファンにとって、FRスポーツ車は異端児でしかなかったわけで、当のスバル側も最初は大いに戸惑ったという。FRの2ドアの販売は、トヨタ側からの話がなければ、まず実現しなかった商品企画だった。

しかし、いざつくって乗ってみると、メーカーもファンも「スバルの水平対向エンジンを軸としたFRスポーツ」の素晴らしさを実感。「スポーツモデルはAWDに限る」などと凝り固まったアタマがほぐれる契機にもなった。

2020年11月14日に公開された、新型「スバルBRZ」のティザーイメージ。全体像は日本時間の同年11月18日23時に明らかにされる見込み。
2020年11月14日に公開された、新型「スバルBRZ」のティザーイメージ。全体像は日本時間の同年11月18日23時に明らかにされる見込み。拡大
新型のデビューを前に、インターネット上には、さまざまな予想イメージがアップロードされている。果たして、“当たり”はあるか?
新型のデビューを前に、インターネット上には、さまざまな予想イメージがアップロードされている。果たして、“当たり”はあるか?拡大
スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
  • 祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか? 2020.11.16 デイリーコラム 2代目となる新型のデビューが決まっている「スバルBRZ」。ファンにはうれしい話だが、同ブランドにとって、異端ともいえるFRスポーツカーを継続開発するメリットはあるのだろうか? その背景についてリポートする。
  • トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載 2020.11.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。今回は12.3インチワイドスクリーンのインフォテインメントシステムを装備するなどして内外装の質感向上を図ったほか、予防安全装備を最新バージョンにアップデートしている。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
ホームへ戻る