フェラーリ初の市販オープンPHEV「SF90スパイダー」登場

2020.11.13 自動車ニュース
フェラーリSF90スパイダー
フェラーリSF90スパイダー拡大

伊フェラーリは2020年11月12日(現地時間)、同社初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」のオープンバージョンである「SF90スパイダー」を発表した。

オープン/クローズの動作がそれぞれ14秒で完了するリトラクタブルハードトップを搭載。
オープン/クローズの動作がそれぞれ14秒で完了するリトラクタブルハードトップを搭載。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4704×1973×1191mm。車重は「SF90ストラダーレ」よりも100kg増となる1670kg。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4704×1973×1191mm。車重は「SF90ストラダーレ」よりも100kg増となる1670kg。拡大
「SF90ストラダーレ」に準じたインテリアデザイン。メータークラスターには、フェラーリ初となる16インチフルデジタル曲面パネルを採用する。
「SF90ストラダーレ」に準じたインテリアデザイン。メータークラスターには、フェラーリ初となる16インチフルデジタル曲面パネルを採用する。拡大
カーボンシェル構造の軽量シートを採用。クッションは直接シェルに貼り付けられている。
カーボンシェル構造の軽量シートを採用。クッションは直接シェルに貼り付けられている。拡大
「SF90ストラダーレ」と同じく「SF90スパイダー」にも標準仕様車とスポーツ仕様車「アセットフィオラーノ」(写真)の2モデルがラインナップされる。
「SF90ストラダーレ」と同じく「SF90スパイダー」にも標準仕様車とスポーツ仕様車「アセットフィオラーノ」(写真)の2モデルがラインナップされる。拡大

SF90ストラダーレは、最高出力780PS、最大トルク800N・mの4リッターV8ツインターボに3基のモーターを組み合わせた、システム合計出力1000PSを発生するパワートレインを搭載。最高速度340km/h、0-100km/h加速2.5秒、0-200km/h加速6.7秒というパフォーマンスが発表されているほか、2基の前輪モーターのみによる最高速度135km/h、最長25km(公称値)のフル電動走行も行える。

今回登場したSF90スパイダーは、クーペ版のSF90ストラダーレと同じパワートレインを搭載するオープンモデル。ルーフには、センターコンソールのスイッチ操作だけでオープン/クローズの動作が14秒で完了する、リトラクタブルハードトップ(RHT)が採用されている。

RHTのパーツの多くはアルミニウム製となり、軽量・コンパクトに設計。一般的な同様の構造のルーフシステムでは収納スペースが150リッターから200リッター必要なのに対して、フェラーリのRHTは収納容量が100リッターに抑えられ、約40kg軽量に仕上がっているという。

SF90スパイダーのRHTは、走行中でも45km/hまでであればルーフの開閉が行える。また、ルーフの開閉状態にかかわらず、外から車体後部にミドシップされるV8エンジンが眺められるのも、SF90スパイダーの特徴だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4704×1973×1191mm、ホイールベースは2649mm。車重はSF90ストラダーレよりも100kg増の1670kgで、パワーウエイトレシオは1.67kg/PS、前後重量配分は45:55となる。

最高速度と0-100km/h加速タイムについてはSF90ストラダーレと変わらないパフォーマンスだが、0-200km/h加速が同車の加速6.7秒に対してSF90スパイダーでは7秒に、フィオラーノのラップタイムが同じく79秒に対して79.5秒になると発表されている。

価格やデリバリー開始時期、日本への導入などに関してはアナウンスされていない。

(webCG)

関連キーワード:
SF90スパイダー, SF90ストラダーレ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
ホームへ戻る