トヨタが「KINTO」専用の特別仕様車“KINTOツーリングセレクション”を設定

2020.11.19 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS“KINTOツーリングセレクション”」(写真左)と「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」(同右)」。
「トヨタ・アクアS“KINTOツーリングセレクション”」(写真左)と「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」(同右)」。拡大

トヨタ自動車は2020年11月19日、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」において、同サービス専用の特別仕様車「アクアS“KINTOツーリングセレクション”」「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」を設定したと発表した。

「アクアS“KINTOツーリングセレクション”」。ボディーカラーは写真の「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全4色。
「アクアS“KINTOツーリングセレクション”」。ボディーカラーは写真の「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全4色。拡大
「アクアS“KINTOツーリングセレクション”」のインテリア。
「アクアS“KINTOツーリングセレクション”」のインテリア。拡大
「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」のボディーカラーも全4色。写真は「センシュアルレッドマイカ」のもの。
「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」のボディーカラーも全4色。写真は「センシュアルレッドマイカ」のもの。拡大
ブラック基調でコーディネートされた「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」のインテリア。
ブラック基調でコーディネートされた「ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”」のインテリア。拡大

KINTOは、税金や保険の支払い、車両のメンテナンス等の手続きをパッケージ化した月額定額サービス。トヨタとレクサスの主要モデルが利用できるようになっており、今回の2つの“KINTOツーリングセレクション”は、「クルマを運転する楽しさにフォーカスし、より走行性能を高めたモデル」という位置づけでラインナップに加えられた。

各モデルの特徴は以下のとおり。

【アクアS“KINTOツーリングセレクション”】

  • ルーフにブラックのカーボン調フィルムを施したうえで、ブラック塗装のドアミラーカバーや専用アルミホイールを装備。
  • ワインディングロードでのドライブなど、さまざまな場面で運転を楽しめるよう、専用チューニングを施したサスペンションとショックアブソーバーを採用。

【ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”】

  • ブラックを基調とした内外装に加えて、ブラックのカーボン調フィルムを施したルーフやブラック塗装のドアミラーカバー、専用のアルミホイールを採用。
  • ブレースを追加するなどして最適なボディー剛性を実現。サスペンションのスプリングレートも最適化し、専用のショックアブソーバーを組み合わせることで、よりしなやかな動きと「接地感」のあるフラットな乗り味を目指した。
  • 思いのままに運転できる気持ち良さを追求し、専用の電動パワーステアリングを装着。

月額の利用料金はアクアS“KINTOツーリングセレクション”が2万1230円からで、ヤリスG“KINTOツーリングセレクション”が2万2220円から。納車の時期は、いずれも2021年2月上旬以降となっている。

(webCG)

関連キーワード:
アクア, ヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • 気づけばもうすぐ10周年! 「レクサスCT200h」長寿の秘密に迫る
    2020.9.7 デイリーコラム カタログから消えることなく9年と8カ月。レクサスのハッチバック「CT200h」が、国産車では異例といえるほど長期にわたって販売されているのはなぜか? その長寿の理由について、ジャーナリストが解説する。
  • トヨタが「アクア」特別仕様車の安全装備を強化 2020.6.3 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月3日、ハイブリッド車「アクア」の特別仕様車「S“スタイルブラック”」にパノラミックビューモニターを追加装備し、販売を開始した。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
ホームへ戻る