三菱が「デリカD:5」を一部改良 新たに雨滴感応オートワイパーなどが標準装備に

2020.12.10 自動車ニュース
三菱デリカD:5
三菱デリカD:5拡大

三菱自動車は2020年12月10日、ミニバン「デリカD:5」を一部改良し、販売を開始した。

 
三菱が「デリカD:5」を一部改良 新たに雨滴感応オートワイパーなどが標準装備にの画像拡大
 
三菱が「デリカD:5」を一部改良 新たに雨滴感応オートワイパーなどが標準装備にの画像拡大

今回は主に機能装備の強化を図っている。なお、2020年4月発売の特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」が継続販売されることも発表された。

雨量に合わせてワイパーの動作速度を自動で切り替える雨滴感応オートワイパーを新たに採用したほか、ステアリングヒーターを標準装備(「M」およびジャスパーを除く。「G」「アーバンギアG」ではオプション)。オートライトコントロール機能については、従来よりもヘッドライトの点灯タイミングを早めている。

ラインナップと価格は以下の通り。
【デリカD:5】

  • M:391万3800円
  • G:401万5000円
  • Gパワーパッケージ:425万1500円
  • P:438万7900円
  • ジャスパー:410万0800円

【デリカD:5アーバンギア】

  • G:414万2600円
  • Gパワーパッケージ:437万9100円
  • Pエディション:448万9100円

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 三菱デリカD:5プロトタイプ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.17 試乗記 目にした人が衝撃を受けるほどの大規模なフェイスリフトで、一躍“時のクルマ”となっている「三菱デリカD:5」。まさにつかみはOKという状況だが、肝心の中身の進化はどうなのか!? オンロードとラフロードで、その出来栄えを確かめた。
  • 三菱が「デリカD:2」をフルモデルチェンジ より存在感を増したデザインに 2020.12.24 自動車ニュース 三菱自動車は2020年12月24日、「デリカD:2」の新型を発表し、販売を開始した。ボディー全長を伸ばしたことによる荷室空間の拡大や、より存在感を増したフロントマスクなどが特徴となっている。
  • 「BMW 7シリーズ」に日本の伝統工芸を用いた限定車「ピュアメタルエディション」が登場 2020.12.23 自動車ニュース BMWが「7シリーズ」に特別仕様車「750Li xDrive Pure Metal Edition(ピュアメタルエディション)」を設定。BMW Individualの内外装や、人間国宝の奥山峰石氏が手がけた打込象嵌(ぞうがん)の銀板トリムなどが特徴で、販売台数は2台のみとなっている。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.14 試乗記 2009年に誕生し、ロールス・ロイス史上最高のセールスを記録してきた「ゴースト」。「先代から継承したのはマスコットと傘くらい」という新型は、確かに、既存のロールス・ロイス車とは一線を画す走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る