「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」にイタリア国旗への敬意を表現した限定車

2020.12.14 自動車ニュース
マセラティ・レヴァンテ トロフェオ トリコローレ
マセラティ・レヴァンテ トロフェオ トリコローレ拡大

マセラティ ジャパンは2020年12月14日、ハイパフォーマンスSUV「レヴァンテ トロフェオ」に特別仕様車「トリコローレ」を設定し、5台の台数限定で発売した。

 
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」にイタリア国旗への敬意を表現した限定車の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」にイタリア国旗への敬意を表現した限定車の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」にイタリア国旗への敬意を表現した限定車の画像拡大

マセラティ・レヴァンテ トロフェオ トリコローレは、ブランドの新たな幕開けとなった2020年と、マセラティのイタリア工場すべてでの生産再開を祝した限定車である。新型ハイパーカー「MC20」の生産が予定されているモデナ工場で生産され、ボディーにはイタリア国旗をモチーフとしたトリコロールカラーの手書きのストライプが施される。

ストライプを除いた基本のボディーカラーは「グリジオマラテア」。エクステリアには「ネリッシモパック」と22インチのオリオーネブラックホイールを装備する。

内装ではクロノピエノフィオーレレザーに赤と緑の専用ステッチが施される。また、シートセンターの白地に「MMXX」のデザインを加えることで、内外装でイタリアのトリコロール旗への敬意を表している。

特別装備の内容は以下の通り。

  • トリコローレスペシャルデザイン
  • トリコローレスペシャルインテリア
  • メタルシェントペイント
  • ネリッシモパック
  • 22インチオリオーネスタッガードダークミロン(鋳造ホイール)
  • レッドキャリパー
  • ハイグロスカーボンファイバートリム
  • カーボンシフトパドル
  • フォーゾーンクライメートコントロール
  • Bowers & Wilkins高性能サラウンドシステム
  • 電動リアサイドサンブラインド
  • トラフィックサインレコグニション
  • キックセンサー

価格は2400万円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • メルセデス・ベンツGLS580 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLS」は単なる高級車にあらず! いや、第一級のラグジュアリーSUVであるのは当然として、凝りに凝ったアイテムによる高い悪路走破性も隠し持っているのだ。ラグジュアリーなオフローダーの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る