アウディが「A4/A4アバント」に2種類のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定

2021.01.07 自動車ニュース
アウディA4
アウディA4拡大

アウディ ジャパンは2021年1月7日、Dセグメントモデル「A4/A4アバント」にディーゼルエンジン搭載モデルを設定し、同日、販売を開始した。

A4アバント
A4アバント拡大

日本仕様の「A4」としては初のTDIモデル

今回A4シリーズに設定されたエンジンは、出力の異なる2種類の2リッターディーゼルターボで、いずれもトランスミッションには7段Sトロニックが組み合わされる。

FF車に搭載されるのは最高出力163PS、最大トルク380N・mを発生する「35 TDI」である。同エンジンは、アルミニウム製のクランクケースや鍛造ピストンを採用することで、20kg以上の軽量化を実現。またベルト駆動式のオルタネータースターター(BAS)やリチウムイオンバッテリーなどからなる12Vのマイルドハイブリッドシステムを備えており、より高効率なブレーキエネルギー回生や、コースティング(惰性走行)時のエンジンの完全停止などにより、17.1km/リッター(WLTCモード)という燃費を実現している。

一方、4WD車には最高出力190PS、最大トルク400N・mの「40 TDI」が搭載される。こちらはスポーティーな走りが特徴として挙げられており、駆動システムには機械式センターディファレンシャルを備えたフルタイム4WDを採用。0-100km/h加速は7.7秒、最高速度は241km/hと公称されている(欧州仕様車)。

グレードは35 TDI、40 TDIともに「アドバンス」と「Sライン」の2種類で、前者はLED式のヘッドランプやリアコンビランプ、ダイナミックターンインジケーターなどを装備。さらにサイドスカートを備えるなど、既存のSラインモデルよりさらにスポーティーなイメージを追求しているという。一方、新しいSラインには、ボンネットスリットや専用形状のバンパー、チタンブラックのハニカムメッシュシングルフレームグリルなど、高性能スポーツモデルである「RS」シリーズのデザイン要素を採用。インテリアではブラックグラスルックコンソールパネルを標準装備することで、質感の向上を図っている。

価格は以下の通り。

【A4】

  • 35 TDIアドバンス:538万円
  • 35 TDI Sライン:585万円
  • 40 TDIクワトロ アドバンス:565万円
  • 40 TDIクワトロSライン:612万円

【A4アバント】

  • 35 TDIアドバンス:567万円
  • 35 TDI Sライン:614万円
  • 40 TDIクワトロ アドバンス:594万円
  • 40 TDIクワトロSライン:641万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • アウディが「A4/A4アバント」に2種類のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定 2021.1.7 自動車ニュース アウディ ジャパンが「A4/A4アバント」のクリーンディーゼルモデルを発売。出力の異なる2種類の2リッターディーゼルターボエンジンを用意しており、FF車には最高出力163PSの「35 TDI」を、4WD車には最高出力190PSの「40 TDI」を採用している。
  • ポルシェ・カイエン ターボ クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.21 試乗記 全車がターボエンジンを搭載する「ポルシェ・カイエン クーペ」だが、車名に“ターボ”を冠した「カイエン ターボ クーペ」は格別だ。純内燃機関モデルでは最強の最高出力550PSのV8ツインターボと、ポルシェならではのシャシー性能を味わってみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
ホームへ戻る