フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」 2021年2月に上陸

2021.01.14 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2021年1月14日、 コンパクトSUV「キャプチャー」の新型を同年2月上旬に国内導入すると発表した。

キャプチャーは、2013年3月のジュネーブモーターショーでデビューしたルノーのSUV。日本市場では2014年2月に発売されており、今回導入される新型は2代目にあたる。

同社によれば新型は「すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデル」。「躍動的でダイナミックなエクステリアデザイン」や「厳選されたマテリアルで上質に仕立てられたインテリア」、「優れた機能性」、「上位モデルに匹敵する性能を発揮できるパワートレインと新設計プラットフォームがもたらすパワフルで余裕のある走り」などがセリングポイントに挙げられている。

360度カメラやアダプティブクルーズコントロールをはじめとする運転支援システムも備わるという。

(webCG)

 
フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」 2021年2月に上陸の画像拡大

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
ホームへ戻る