新デザインの3列シートを採用 リファインされた最新の「プジョー5008」上陸

2021.01.27 自動車ニュース
プジョー5008
プジョー5008拡大

グループPSAジャパンは2021年1月27日、3列シートSUV「プジョー5008」のマイナーチェンジモデルを導入すると発表。同日、販売を開始した。

 
新デザインの3列シートを採用 リファインされた最新の「プジョー5008」上陸の画像拡大
 
新デザインの3列シートを採用 リファインされた最新の「プジョー5008」上陸の画像拡大
「GT」グレードに装着されるアルカンターラ&テップレザー仕立てのシート。
「GT」グレードに装着されるアルカンターラ&テップレザー仕立てのシート。拡大
こちらは「アリュール」グレードのシート。表皮にはファブリックとテップレザーが採用されている。
こちらは「アリュール」グレードのシート。表皮にはファブリックとテップレザーが採用されている。拡大
3列シートが特徴の「5008」。乗車定員は前方から2-3-2人の計7人となる。
3列シートが特徴の「5008」。乗車定員は前方から2-3-2人の計7人となる。拡大
 
新デザインの3列シートを採用 リファインされた最新の「プジョー5008」上陸の画像拡大

最新型5008のハイライトは、リデザインされた外観と新しいシート、そして運転支援システムだ。

よりSUVらしくダイナミックになったエクステリアは、フレームレスのフロントグリルと、新世代プジョー共通の「セイバー」(サーベルの意)と呼ばれる牙状のLEDデイタイムライトが特徴。ライオンの爪痕から着想を得たというリアコンビランプは立体感を増しており、ウインカー点灯時に光が流れるように見える「シーケンシャルインジケーター」も採用されている。

一方、内装については、小径ステアリングホイールやモニター類で構成される「iコックピット」はそのままに、よりハイコントラストな表示で質感を高めたディスプレイヘッドセットと8インチの高精細タッチスクリーンを搭載。センターコンソールにはスマートフォンの非接触充電スペース(Qi規格)も用意される。

シートは全モデルで刷新され、アルカンタラ&テップレザーで仕立てられたシートを「GT」グレード(ディーゼルおよびガソリン)に装着。これにはフロントシートヒーターや運転席メモリー付きパワーシート、マルチポイントランバーサポートといった機能も備わる。「アリュール」グレード(ディーゼル)のものは、表皮がファブリック&テップレザーとなっている。

先進運転支援システム(ADAS)の充実もセリングポイントのひとつで、「アクティブセーフティーブレーキ」「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」「レーンキープアシスト」「アクティブブラインドスポットモニターシステム」などを標準装備。全車、追加オプションは不要とアピールされる。

ラインナップは2リッター直4ディーゼルターボが2種、1.6リッター直4ガソリンターボが1種の計3モデル。価格は以下の通り。

【ディーゼル車】

  • 5008アリュールBlueHDi:460万円
  • 5008 GT BlueHDi:501万6000円

【ガソリン車】

  • 5008 GT:467万2000円

(webCG)

関連キーワード:
5008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 5008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー5008 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.18 試乗記 「プジョー3008」のマイナーチェンジに合わせて登場したPHEV「GTハイブリッド4」に試乗。プジョー初のPHEVにして現行ラインナップで唯一の四駆となるその走りを、日常使いを想定したドライブルートで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る