「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデル

2021.01.28 自動車ニュース
ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン拡大

ポルシェジャパンは2021年1月28日、電気自動車「タイカン」のモデルラインナップに後輪駆動のベーシックモデルを追加設定し、予約注文受け付けを開始した。

 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大
 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大
 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大
 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大

「ターボS」「ターボ」「4S」に続く第4のモデルとして導入された「タイカン」。前後軸にそれぞれモーターを搭載する他の4WDモデルとは異なり、後軸のみにモーターが備わっているのが特徴だ。

駆動用リチウムイオンバッテリーは容量79.2kWhが標準。リアのモーターはローンチコントロールおよびオーバーブーストモード使用時に最高出力408PSを発生し、0-100km/h加速のタイムは5.4秒、最高速は230km/h、航続可能距離(WLTPモード)は431kmと公表されている。さらに、容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリーをチョイスした場合には、モーターの最高出力が476PSに強化されるほか、航続可能距離が484kmにアップ(0-100km/h加速のタイムと最高速は変わらず)。このオプションには最大容量22kWのオンボードチャージャーとカラーヘッドアップディスプレイが含まれている。

エアサスを採用する他のモデルとは異なり、足まわりにはスチールスプリング式サスペンションが標準装備(オプションでエアサスも選択可能)される。ブレーキはフロントに対向6ピストンのアルミ製モノブロックキャリパーと360mmのディスクを、リアには対向4ピストンキャリパーと358mmのディスクを搭載。ホイールは19インチが標準となっており、ブラックのフロントエプロンとサイドシル、リアディフューザーは4Sと同じタイプを装備する。

価格は1171万円。

(webCG)

関連キーワード:
タイカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼル【開発者インタビュー】 2021.5.27 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が2代目に進化。2013年デビューの先代は8年間で45万台が販売されたベストセラーモデルだが、当時と違うのはその後にライバルとなる国産コンパクトSUVが続々とデビューし、競争が激化しているところだ。開発責任者を務めた岡部宏二郎さんに話を聞いた。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
ホームへ戻る