ルノー・ルーテシア インテンス(後編)

2021.02.11 谷口信輝の新車試乗 さまざまなクルマを知るレーシングドライバー谷口信輝が、ルノーのコンパクトカー「ルーテシア」を褒めるのはなぜか? このクルマだから体感できる走りの特性についてリポートする。

笑っちゃうほど自由自在

スポーティーモデルでもなんでもないヨーロッパのベーシックカーである新型ルノー・ルーテシアに箱根で試乗した谷口信輝は、何度となく「心地いい」「安心感がある」という言葉を口にした。なぜ、谷口はそう感じたのか? “素”のルーテシアの魅力を、さらに谷口に深掘りしてもらおう。
「本当にカーブが気持ちいいですよね。路面の不整、いわゆるアンジュレーションがあっても、なにも関係なく、ステアリングは一定のままスーッと走り抜けていく。でも、コーナリング中にアクセルペダルの踏み込み量を少しいじってあげると、クルマが曲がる姿勢もしっかり変わってくれるところもいいですね」

言うまでもないだろうが、このとき谷口はドリフト走行をしていたわけではない。あくまでも4本のタイヤはしっかりと路面を捉えているのだが、ステアリングの舵角は一定のまま。ところが、谷口のスロットル操作に合わせてコーナリングの軌跡はわずかに外側にはらんだり、内側に入り込んだりしていく。この点を谷口は特に気に入った様子だった。
「こうやってスロットル操作でラインをコントロールできると、安心感も生まれるし、とにかく運転していて楽しい。クルマは安定していてちゃんと曲がっているんだけれど、その途中でもうちょっと曲げたいとか、少し戻したいと思ったときにも自由自在にコントロールできる。本当に走りがいいですね」

その後もルーテシアのコーナリングを谷口は褒め続けた。
「いまも、これ、結構いいペースじゃないですか。ここまでのコーナリング性能、正直に言ったら普通のファミリーカーには要らないですよね。でも、全然笑っちゃうくらい普通に曲がっていける。ターンインの反応もいいし、そのときのフロントの入り方だけでなくリアの安心感も素晴らしい。ロールの前後バランスもいい。だから、コーナーの途中でステアリングを切り足してもちゃんとクルマがついてきてくれる。本当にカーブでストレスを感じることがないですね」

 
ルノー・ルーテシア インテンス(後編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(後編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(後編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • トヨタが「クルマの進化」まで提供するサービス発表 「GRヤリス」ベースの特別仕様車も設定 2021.6.7 自動車ニュース トヨタ自動車とKINTOは2021年6月7日、「人に寄り添って進化するクルマ」の提供に取り組むとともに、新製品「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」の取り扱いをKINTOを通じて開始したと発表した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • ホンダが新型「シビック」に関する情報をホームページで先行公開 2021.6.10 自動車ニュース 本田技研工業は2021年6月10日、新型「シビック」に関する情報をホームページで先行公開した。ハッチバックスタイルの新型は2021年秋の発売を予定。これに先駆け、同年6月24日に世界初公開される。
ホームへ戻る