「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」に2021年モデルが登場

2021.03.10 自動車ニュース
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年3月10日、ランドローバーのプレミアムSUV「レンジローバー ヴェラール」の2021年モデルを発表。同日、受注を開始した。

 
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」に2021年モデルが登場の画像拡大
 
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」に2021年モデルが登場の画像拡大
 
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」に2021年モデルが登場の画像拡大
 
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」に2021年モデルが登場の画像拡大
 
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」に2021年モデルが登場の画像拡大
レンジローバー ヴェラール エディション
レンジローバー ヴェラール エディション拡大

新グレードの「エディション」にも注目

2021年モデルのレンジローバー ヴェラールは、パワーユニットのラインナップを刷新。マイルドハイブリッド機構付きの2リッター直4ディーゼルターボエンジン「D200」(最高出力204PS/最大トルク430N・m)と、既存の2リッター直4ガソリンターボエンジン「P250」(最高出力250PS/最大トルク365N・m)の2種構成とした。

快適性の向上も図っており、ランドローバー車として初めて「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」を採用した。この機能は音響機器のノイズキャンセリング技術を車両に応用したもので、各ホイールに設置された加速度計がロードノイズを検知すると、スピーカーからその逆位相の音を発生させ、ロードノイズを相殺。「MERIDIANサウンドシステム」に設定される。

ドライバー支援システムについては、3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどを標準装備。最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」も全車に採用した。

ボディーカラーは、新色の「ポルトフィーノブルー」と「ハクバシルバー」を含む、全10色をラインナップする。

また、2021年モデル限定グレードとして「エディション」を新設定。同車はスポーティーな仕様の「R-DYNAMIC SE P250」をベースに、外装の各部をブラックでコーディネートしたモデルとなっており、「スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ」「ブラックパック」「20インチ“スタイル7014”7 スポーク」(グロスブラックフィニッシュ)などが装備される。ボディーカラーは「サントリーニブラック」「アイガーグレイ」「ハクバシルバー」に、専用色の「ランタオブロンズ」を加えた全4色が用意される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • D200:787万円
  • R-DYNAMIC S D200:904万円
  • S P250:849万円
  • R-DYNAMIC S P250:898万円
  • R-DYNAMIC SE P250:952万円
  • R-DYNAMIC HSE P250:1076万円
  • エディション:1013万円

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー ヴェラール , ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー ヴェラール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る