ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加

2021.03.15 自動車ニュース
 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は2021年3月15日、「日産スカイラインGT-R」(BNR32/BCNR33/BNR34)用のNISMOヘリテージパーツを追加設定し、同年4月1日から順次発売すると発表した。

 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大
 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大
 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大

2017年12月に販売が開始されたNISMOヘリテージパーツ。今回はBNR32用のリアパネルやボディーハーネスが追加されている。特にこの2パーツは日産自動車の新技術を活用することで復活が実現しており、リアパネルは金型を用いることなくボディーパネルを成形する対向式ダイレス成形を活用して製造。一方のボディーハーネスは構成部品のプロテクターを、試作工程の一部で使用する3Dプリンター技術を活用して製作している。

価格はリアパネルが14万3000円でボディーハーネスが36万3000円。このほかにもBNR34用のエンブレムやシフトノブなど多くのヘリテージパーツが追加されている。

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン, GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る