ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加

2021.03.15 自動車ニュース
 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は2021年3月15日、「日産スカイラインGT-R」(BNR32/BCNR33/BNR34)用のNISMOヘリテージパーツを追加設定し、同年4月1日から順次発売すると発表した。

 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大
 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大
 
ニスモが「スカイラインGT-R」用NISMOヘリテージパーツに新アイテムを追加の画像拡大

2017年12月に販売が開始されたNISMOヘリテージパーツ。今回はBNR32用のリアパネルやボディーハーネスが追加されている。特にこの2パーツは日産自動車の新技術を活用することで復活が実現しており、リアパネルは金型を用いることなくボディーパネルを成形する対向式ダイレス成形を活用して製造。一方のボディーハーネスは構成部品のプロテクターを、試作工程の一部で使用する3Dプリンター技術を活用して製作している。

価格はリアパネルが14万3000円でボディーハーネスが36万3000円。このほかにもBNR34用のエンブレムやシフトノブなど多くのヘリテージパーツが追加されている。

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン, GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る