「ジープ・ラングラー アンリミテッド」にグロスブラックで内外装を仕立てた特別仕様車が登場

2021.03.16 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュード
ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュード拡大

FCAジャパンは2021年3月16日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に内外装をグロスブラックパーツでドレスアップした特別仕様車「アンリミテッド スポーツ アルティテュード」を設定。同年3月27日に、300台限定で発売すると発表した。

グリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルがグロスブラックで仕上げられている。
グリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルがグロスブラックで仕上げられている。拡大
夏には断熱効果を、冬には保温効果を発揮するというMopar製ハードトップヘッドライナーを採用。
夏には断熱効果を、冬には保温効果を発揮するというMopar製ハードトップヘッドライナーを採用。拡大
グロスブラックで外装とコーディネートされた「ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュード」のインストゥルメントパネル。
グロスブラックで外装とコーディネートされた「ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュード」のインストゥルメントパネル。拡大

今回の特別仕様車は、最高出力284PSの3.6リッターV6エンジンを搭載する「アンリミテッド スポーツ」をベースに、グロスブラックの専用グリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼル、17インチホイールなどを採用。「Jeep」や「Trail Rated」のバッジはマットブラック仕上げとなっている。

インテリアにおいては、グロスブラック仕上げのインストゥルメントパネルで外装とのコーディネートが図られているほか、夏には断熱効果を、冬には保温効果を発揮するMopar製ハードトップヘッドライナーを採用し、快適性を向上させたという。内装色はブラックで、ファブリックシートが組み合わされる。

ボディーカラーはジープ80周年限定車のカラー投票で2位に選ばれた「スナッズベリーP/C」と、通常は「ルビコン」のみに設定される「スティンググレーC/C」に加え、「ブライトホワイトC/C」の3種類を用意している。いずれも台数100台の限定販売で、価格は544万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る