7台のみの貴重な限定モデル「レンジローバーSVOデザインエディション2021」登場

2021.03.19 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年3月19日、ランドローバーの高級SUV「レンジローバー」に特別仕様車「SVOデザインエディション2021」を設定し、注文受け付けを開始した。

SVOデザインエディション2021は、過給機付き5リッターV8エンジンを搭載した「レンジローバー ヴォーグ」をベースに内外装を特別に仕立てた特別仕様車であり、販売台数は7台のみ。車名のSVOとは、ジャガー・ランドローバー内においてハイパフォーマンスカーの開発やビスポークオーダーの車両製作などを専門に手がける、「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」(SVO)を指す。

過去に、それぞれ15台限定で販売された「SVOデザインエディション2017」「SVOデザインエディション2019」と同じく、エクステリアにはSVOが手がけたフロントバンパーやフロントグリル、サイドベント、サイドシルクローティング、リアバンパー(インテグレーテッドテールパイプ)からなる「SVOデザインパック」を採用。ボディーカラーは「サントリーニブラック」で、各所にアクセントカラーとして「シャドーアトラス」を用いている。

一方、インテリアカラーはエボニーで、「グランドブラック」の装飾パネルや、ウッドとレザーのコンビステアリングホイールを採用。イルミネーション付きのメタルトレッドプレートには「RANGE ROVER」のスクリプトを施している。

装備も充実しており、20way電動シート(前席ヒーター&クーラー+後席電動リクライニング&ヒーター付き)や空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付き)、ヘッドアップディスプレイ、運転操作を支援する「ドライバーアシストパック」などが採用されている。

価格は2100万円。

(webCG)

ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション2021
ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション2021拡大

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース