7台のみの貴重な限定モデル「レンジローバーSVOデザインエディション2021」登場

2021.03.19 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年3月19日、ランドローバーの高級SUV「レンジローバー」に特別仕様車「SVOデザインエディション2021」を設定し、注文受け付けを開始した。

SVOデザインエディション2021は、過給機付き5リッターV8エンジンを搭載した「レンジローバー ヴォーグ」をベースに内外装を特別に仕立てた特別仕様車であり、販売台数は7台のみ。車名のSVOとは、ジャガー・ランドローバー内においてハイパフォーマンスカーの開発やビスポークオーダーの車両製作などを専門に手がける、「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」(SVO)を指す。

過去に、それぞれ15台限定で販売された「SVOデザインエディション2017」「SVOデザインエディション2019」と同じく、エクステリアにはSVOが手がけたフロントバンパーやフロントグリル、サイドベント、サイドシルクローティング、リアバンパー(インテグレーテッドテールパイプ)からなる「SVOデザインパック」を採用。ボディーカラーは「サントリーニブラック」で、各所にアクセントカラーとして「シャドーアトラス」を用いている。

一方、インテリアカラーはエボニーで、「グランドブラック」の装飾パネルや、ウッドとレザーのコンビステアリングホイールを採用。イルミネーション付きのメタルトレッドプレートには「RANGE ROVER」のスクリプトを施している。

装備も充実しており、20way電動シート(前席ヒーター&クーラー+後席電動リクライニング&ヒーター付き)や空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付き)、ヘッドアップディスプレイ、運転操作を支援する「ドライバーアシストパック」などが採用されている。

価格は2100万円。

(webCG)

ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション2021
ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション2021拡大

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(後編) 2020.11.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝は、新型「ランドローバー・ディフェンダー」には普通のクルマとは違うさまざまな魅力があるという。プロも認めた、その特筆すべき長所とは?
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る