新エンジン搭載のネオクラシックバイク「ホンダGB350/GB350 S」登場

2021.03.30 自動車ニュース
ホンダGB350 S
ホンダGB350 S拡大

本田技研工業は2021年3月30日、新型ロードスポーツバイク「GB350」「GB350 S」を発表した。GB350は同年4月22日に、GB350 Sは同年7月15日に発売する。

「GB350」(写真)のカラーリングは「キャンディークロモスフィアレッド」と「マットジーンズブルーメタリック」、「マットパールモリオンブラック」の全3色。「GB350 S」は「パールディープマッドグレー」「ガンメタルブラックメタリック」の2色展開となる。
「GB350」(写真)のカラーリングは「キャンディークロモスフィアレッド」と「マットジーンズブルーメタリック」、「マットパールモリオンブラック」の全3色。「GB350 S」は「パールディープマッドグレー」「ガンメタルブラックメタリック」の2色展開となる。拡大
シリンダーが直立した空冷単気筒エンジン。クランクケースからヘッドカバーまでブラック塗装が施されている。
シリンダーが直立した空冷単気筒エンジン。クランクケースからヘッドカバーまでブラック塗装が施されている。拡大
ゆったりとした操舵フィールを追求して開発された、セミダブルクレードルフレーム。リアサスペンションはツインショックタイプとなっている。
ゆったりとした操舵フィールを追求して開発された、セミダブルクレードルフレーム。リアサスペンションはツインショックタイプとなっている。拡大

今回発表されたGB350シリーズは、「日常から遠出まで~The Honda Basic Roadster」をコンセプトに開発された新型バイク。シンプルでクラシカルなオートバイらしいスタイリングでありながら、新設計の車体とエンジンが与えられている。

基本骨格にはセミダブルクレードルフレームを採用し、取り回しのしやすさやゆったりとした操縦フィールを追求。パワーユニットはロングストローク型の348cc空冷単気筒OHCユニットで、最高出力20PS、最大トルク29N・mを発生。ワイドレシオのトランスミッションや質量の大きなフライホイールと相まって、粘り強さが感じられる特性とされている。路面状況に応じてトルクを制御する「Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)」も備わる。

GB350とGB350 Sとでエンジンのアウトプットに差はないが、後者はよりワイドで1インチ小さな17インチのリアタイヤと、バンク角をより深める形状のマフラーを装着。GB350の前後フェンダーが金属製であるのに対してショートタイプの樹脂製前後フェンダーが装着されている。さらに、シャープな面構成のサイドカバーとフロントフォークブーツでドレスアップし、ハンドルとステップの位置を変更するなど、GB350よりもスポーティーなキャラクターが与えられている。

GB350のスペックは以下の通り(※<>内の数値はGB350 Sのもの)。

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2180×800×1105mm<2175×800×1100mm>
  • ホイールベース:1440mm
  • シート高:800mm
  • 重量:180kg<178kg>
  • エンジン:348cc 水冷4ストローク単気筒OHC
  • 最高出力:20PS(15kW)/5500rpm
  • 最大トルク:29N・m(3.0kgf・m)/3000rpm
  • トランスミッション:5段MT
  • 燃費:41.0km/リッター(WMTCモード)/49.5km/リッター<47.0km/リッター>(国土交通省届出値)

価格はGB350が55万円で、GB350 Sが59万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
バイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事