アウディがコンパクトセグメントのピュアEV「Q4 e-tron/Q4スポーツバックe-tron」を発表

2021.04.15 自動車ニュース
アウディQ4 e-tron
アウディQ4 e-tron拡大

独アウディは2021年4月14日(現地時間)、コンパクトセグメントのピュアEV「Q4 e-tron」と「Q4スポーツバックe-tron」をオンラインで発表した。いずれも同年6月に欧州で販売を開始する予定。

アウディQ4スポーツバックe-tron
アウディQ4スポーツバックe-tron拡大
「Q4 e-tron」のインテリア。最新のアシスタンスシステムや拡張現実ヘッドアップディスプレイが採用されている。
「Q4 e-tron」のインテリア。最新のアシスタンスシステムや拡張現実ヘッドアップディスプレイが採用されている。拡大
「Q4 e-tron」の後席。シートポジションはフロントより約7cm高いものの、ヘッドルームは十分に確保されているという。
「Q4 e-tron」の後席。シートポジションはフロントより約7cm高いものの、ヘッドルームは十分に確保されているという。拡大

今回発表されたQ4 e-tronおよびQ4スポーツバックe-tronは、SUVの「e-tron」や「e-tronスポーツバック」、スポーティーな4ドアクーペ「e-tron GT」に続くアウディのピュアEV第3弾となるモデル。Q4 e-tronがSUVフォルムを採用するのに対して、Q4スポーツバックe-tronは“クーペSUV”としてのキャラクターが与えられている。

モデルラインナップは、容量52kWhのバッテリーを搭載する後輪駆動の「35 e-tron」と77kWhの大容量バッテリーを搭載する後輪駆動の「40 e-tron」、そして同じく77kWhのバッテリーを搭載する四輪駆動の最上位モデル「50 e-tronクワトロ」の3種類。

電動モーターの最高出力は35 e-tronが170PS、40 e-tronが204PS、50 e-tronクワトロ が299PSとなる。一充電あたりの航続距離は最大520km(40 e-tron/WLTPモード)で、理想的な条件下においては10分の充電で約130kmの走行が可能であるという。

先進的な操作系やディスプレイ、アシスタンスシステムに加え、拡張現実ヘッドアップディスプレイも採用。Q4 e-tronが520~1490リッター、Q4スポーツバックe-tronが535~1460リッターとなる荷室容量もセリングポイントとして紹介されている。

(webCG)

関連キーワード:
Q4スポーツバックe-tron, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 普及のカギを握るのは総務省!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」のコネクテッドサービスを試す 2021.4.28 デイリーコラム 新型「ホンダ・ヴェゼル」には最新のコネクテッドサービス「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」が採用されている。スマートフォンがカギの代わりになる「Hondaデジタルキー」を中心に、その使い勝手を報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.8 試乗記 マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンのクロスオーバー「パサート オールトラック」に試乗。パワートレインの改良や最新世代の運転支援システムの採用で、地味で実直なそのキャラクターはいかなる進化を果たしたのか?
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
ホームへ戻る