2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場

2020.07.08 自動車ニュース
アウディQ4スポーツバックe-tronコンセプト
アウディQ4スポーツバックe-tronコンセプト拡大

独アウディは2020年7月7日(現地時間)、ピュアEVのコンセプトモデル「アウディQ4スポーツバックe-tronコンセプト」を発表した。

 
2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場の画像拡大
 
2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場の画像拡大
 
2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場の画像拡大
 
2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場の画像拡大
 
2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場の画像拡大
「Q4 e-tronコンセプト」(写真左)と「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」(同右)。ともに市販化が予定されている。
「Q4 e-tronコンセプト」(写真左)と「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」(同右)。ともに市販化が予定されている。拡大

2021年には生産開始

Q4スポーツバックe-tronコンセプトは、2019年3月のジュネーブモーターショーで公開されたアウディ初の電動SUV「Q4 e-tronコンセプト」の派生モデル。SUVのQ4 e-tronに対して“クーペSUV”としてのキャラクターが与えられている。

エクステリアにおいては、後方に向かって傾斜するルーフラインのほか、前後フェンダーの上部に入れられたキャラクターラインや、八角形のシングルフレームグリル、一文字に延びるリアのライトバンドなどが特徴。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.60×1.60×1.90mで、ホイールベースは2.77m。22インチの大径ホイールを組み合わせることで、走りのポテンシャルの高さがアピールされている。

一方インテリアは、ホワイトとベージュのマイクロファイバーテキスタイルを用いた明るい空間に仕立てられている。トランスミッション用のトンネルを持たないことによる室内の広さと居住性のよさが自慢で、ドライバー側に向かって角度がつけられたセンターコンソールや、12.3インチのタッチスクリーン、拡張現実機能を持つヘッドアップディスプレイなども注目すべきポイントとされる。

走りに関わる電気駆動システムについては、フロントアクスルとリアアクスルを個別のモーターで駆動する「電動クワトロシステム」を採用。フロントモーターは最高出力102PS(75kW)と最大トルク150N・m、リアモーターは同204PS(150kW)と同310N・mを発生。システム全体のアウトプットは306PS(225kW)と公表される。0-100km/hの加速タイムは6.3秒で、最高速は電子制御リミッターが作動する180km/h。82kWhのバッテリーが搭載されており、一充電あたり450km以上(WLTPモード)の航続が可能という。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式で、リアがマルチリンク式。前後重量配分は50:50で、駆動トルクは必要に応じてフロントにも振り分けられるものの、通常は主にリアアクスルに配分されている。

Q4スポーツバックe-tronコンセプトの量産型は、Q4 e-tronコンセプトの市販バージョンとともに市場投入されることが決まっており、2021年から生産が開始される。アウディは、2025年までに全世界の主要な市場において20以上のEVを発売し、電動化モデルの販売台数を全体の40%とすることを目標に掲げている。これらEVのラインナップは、コンパクトカーからラグジュアリーカーに至るまで、あらゆるセグメントを網羅するという。

(webCG)

関連キーワード:
Q4スポーツバックe-tron, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る