「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場

2021.04.16 自動車ニュース
ベントレー・コンチネンタルGT V8エクイノックスエディション
ベントレー・コンチネンタルGT V8エクイノックスエディション拡大

英ベントレーモーターズは2021年4月16日、「コンチネンタルGT V8」の特別仕様車「エクイノックスエディション」を発表した。

 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場の画像拡大

ベントレーのビスポーク部門であるマリナーが手がけるコンチネンタルGT V8エクイノックスエディションは、熟練した職人によって10台のみがハンドクラフトされる日本市場だけの限定モデルである。ブラックとシルバー、ホワイトを基調としており、シンプルなスタイリングによって際立つ力強さと気品をテーマに仕立てられている。

ボディーカラーには「ブラックオニキス」と「グラッシャーホワイト」の2色を設定(各5台限定)。特別に調合された強い光沢を持つブラックカーボンファイバー製のフロントスプリッターとリアディフューザー、ブートリップスポイラー、サイドシルを装備しており、それぞれに金属製のベントレーウイングバッジがあしらわれる。さらに、これらのカーボンパーツにはピンストライプのアクセントが施されており、1台あたり5日間をかけてハンドペイントされるという。

インテリアにもマリナーのクラフトマンシップが余すところなく発揮され、ヘッドレストとシートのエッジパネルにはシルバーのセカンダリーハイドを採用。メインハイドのベルーガとコーディネートされている。シートとステアリングホイールのステッチはシルバーとされ、パネルはグランドブラックとピアノムーンビームのツートン仕立てに。すべてのパネルがどの角度から見ても同じ輝きを放つよう、注意深く手作業で塗装される。フェイシアには「Mulliner」のロゴが刻まれる。さらにムードライティングや光るシルプレートを装備するほか、ダイヤモンドキルトのシートやフロアマットにはシルバーステッチのアクセントを採用している。

コンチネンタルGT V8エクイノックスエディションの特別装備の内容は以下の通り。

【工場装着オプション】

  • ボディーカラー:グラッシャーホワイトまたはブラックオニキス
  • ブラックラインスペシフィケーション
  • シティースペシフィケーション
  • フロントシートコンフォートスペシフィケーション
  • ディープパイルマット

【マリナー特別仕様】

  • 22インチ マリナードライビングスペシフィケーションホイール(タングステンペイント&ポリッシュフロントフェイス仕上げ)
  • ボディーキットのエッジにムーンビームのアクセントピンストライプ
  • ベルーガハイドをメインに、特注カラースプリット
  • ヘッドレストアウターとシートエッジパネルにシルバーアクセントハイドを配置
  • オーバーマットにシルバーのステッチとバインディング
  • キルティング部分にシルバーとハイド同色のステッチ(「ファーストエディション」スタイル)
  • シートとステアリングホイールにシルバーのコントラストステッチ
  • シルバーのベントレーウイングエンブレム刺しゅう
  • ピアノムーンビームとグランドブラックウッドのツートンパネル
  • 助手席側フェイシアへの「Mulliner」ロゴオーバーレイ
  • クロム「Mulliner」ロゴ入りグロスブラックトレッドプレートインレイ

価格は3118万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGT, ベントレー, 自動車ニュース