【F1 2021】第3戦ポルトガルGPでルイス・ハミルトンが今季2勝目

2021.05.03 自動車ニュース

F1世界選手権第3戦ポルトガルGPの決勝が、2021年5月2日、ポルトガルのポルティマオにあるオートドロモ・インターナシオナル・ド・アルガルベ(4.684km)を66周して行われた。

予選でチームメイトのバルテリ・ボッタスにポールポジションを奪われたメルセデスのルイス・ハミルトンだったが、レースになると強さを遺憾なく発揮して優勝。開幕戦に次ぐ今シーズン2勝目、通算97勝目を飾った。

2位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。予選でトラックリミットを越えタイム取り消し、ポールを逃し3番グリッドとなったが、レースではピットストップ後のボッタスを抜き2位でゴール、予選でのミスを取り返した。だが、ファイナルラップにファステストラップを記録したものの、再度トラックリミット違反に泣きボーナスの1点を取り損ねてしまった。

3位はメルセデスのボッタス。ポールから2位、そして3位に落ちてしまったが、フェルスタッペンのファステストラップが取り消されたことで、3位15点に1点を追加することができた。

52周目までピットストップを伸ばしたレッドブルのセルジオ・ペレスが予選順位と同じ4位でゴール。マクラーレン・メルセデスは、ランド・ノリス5位、ダニエル・リカルド9位とダブル入賞を果たした。フェラーリのシャルル・ルクレールは8番グリッドから6位フィニッシュ。この週末好調だったアルピーヌ・ルノーは、エステバン・オコン7位、フェルナンド・アロンソ8位と2台そろってポイントを獲得した。そしてアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが10位に入り、最後の1点を手にした。

以下、11位カルロス・サインツJr.(フェラーリ)、12位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ・フェラーリ)、13位セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン・メルセデス)、14位ランス・ストロール(アストンマーティン)、15位角田裕毅(アルファタウリ)、16位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、17位ミック・シューマッハー(ハース・フェラーリ)、18位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、19位ニキータ・マゼピン(ハース)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップは、首位のハミルトン69点、ランキング2位のフェルスタッペンが61点とトップ2の接戦が続く。その後ろは、3位ノリス37点、4位ボッタス32点、5位ルクレール28点と並ぶ。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス101点、2位レッドブル83点、3位マクラーレン53点、4位フェラーリ42点、5位アルピーヌ13点という上位の顔ぶれとなる。

(文=bg)

 
【F1 2021】第3戦ポルトガルGPでルイス・ハミルトンが今季2勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2021, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事