「フォルクスワーゲンTロック」にガソリンエンジン搭載モデル登場

2021.05.13 自動車ニュース
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイルデザインパッケージ
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイルデザインパッケージ拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年5月13日、コンパクトクロスオーバーSUV「Tロック」にガソリンエンジン搭載モデルを設定し、同日販売を開始した。

1.5リッター直4ガソリンエンジン「TSI」は、最高出力150PS、最大トルク250N・mを発生。
1.5リッター直4ガソリンエンジン「TSI」は、最高出力150PS、最大トルク250N・mを発生。拡大

これまでディーゼル車のみラインナップされていたTロック。今回追加設定のガソリンエンジン車は、最高出力150PS、最大トルク250N・mの1.5リッター直4「TSI」と7段DSGの組み合わせを採用。アクティブシリンダーマネジメント(気筒休止機構)も備わっており、走行シーンに応じて4気筒と2気筒での走行を使い分けることによって、燃料消費率の改善に寄与するという。WLTCモードの燃費値は15.7km/リッターと発表されている。

運転支援システムが「TDI」グレードと同様の装備となるほか、常時接続の新世代インフォテインメントシステムにオンラインサービス「We Connect(ウィーコネクト)」または「We Connect Plus(ウィーコネクトプラス)」が組み込まれたコネクティッドサービスも、同モデルのセリングポイントとなっている。

ガソリンエンジン車はエントリーグレードの「TSIスタイル」と「TSIスタイル デザインパッケージ」の2モデルで、前者は全3色、後者は単色のほかブラックルーフが選べる全6種類の外装色が設定されている。

また、ガソリンエンジン車の導入に合わせ、ディーゼルエンジンを搭載する既存のモデルにも変更を実施。「TDIスタイル」と「TDIスタイル デザインパッケージ」のインフォテインメントシステムをディスプレイオーディオの「Ready 2 Discover」に変更し車両本体価格を引き下げたほか、「TDIスポーツ」と「TDI Rライン」において電動パノラマスライディングルーフがオプションで選択できるようになった。

ガソリンエンジン車を含む各モデルの価格は以下の通り。

  • TSIスタイル:355万円
  • TSIスタイルデザインパッケージ:376万円
  • TDIスタイル:375万円
  • TDIスタイルデザインパッケージ:396万円
  • TDIスポーツ:425万9000円
  • TDI Rライン:459万9000円

(webCG)

関連キーワード:
Tロック, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る