【F1 2021】第5戦モナコGPでフェルスタッペンが優勝 ポイントリーダーに

2021.05.24 自動車ニュース

F1世界選手権第5戦モナコGPの決勝が、2021年5月23日、モナコのモンテカルロ市街地コース(3.337km)を78周して行われた。

2年ぶりに開催されたF1のアイコン的GPで、唯一のモナコ人ドライバー、フェラーリを駆るシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得。しかし予選でクラッシュした影響が、スタート直前になってドライブシャフトの異常という結果に。無念の出走不可となってしまった。

ポールシッター不在のレースを制したのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。予選2位から得たトップの座を最後まで守りきり、モナコ初優勝、今季2勝目、通算12勝目を挙げた。ホンダとしては、1992年、ナイジェル・マンセルとの死闘を制したアイルトン・セナ以来のモナコでの勝利である。

また、チャンピオンシップを争うメルセデスのルイス・ハミルトンが7位に終わったことで、フェルスタッペンが初めてチャンピオンシップをリードすることに。さらにセルジオ・ペレスが4位に入ったため、レッドブルもランキングトップに躍り出た。

2位はフェラーリのカルロス・サインツJr.。ルクレールの脱落で予選4位から3位の座を得て、メルセデスのバルテリ・ボッタスのリタイアで2位へ。デビューイヤーから連続入賞中だった得意のモナコで、キャリアベストタイの結果を残した。

3位はマクラーレン・メルセデスのランド・ノリス。終盤タイヤの不調を訴えながらも見事ゴールまで走りきり、こちらもキャリアベストに並ぶポディウムフィニッシュを飾った。

アストンマーティン・メルセデスのセバスチャン・ベッテルがピットストップで2台抜きを成功させ5位でゴール。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは予選順位と同じ6位でチェッカードフラッグを受けた。予選13位から8位入賞を果たしたのはアストンマーティンのランス・ストロール。アルピーヌ・ルノーのエステバン・オコン9位、アルファ・ロメオ・フェラーリのアントニオ・ジョビナッツィは10位に入りチームに今季初ポイントを献上した。

以下、11位キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ)、12位ダニエル・リカルド(マクラーレン)、13位フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、14位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、15位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、16位角田裕毅(アルファタウリ)、17位ニキータ・マゼピン(ハース・フェラーリ)、18位ミック・シューマッハー(ハース)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップ首位のフェルスタッペンは105点、2位ハミルトンは4点差の101点だ。これに3位ノリス56点、4位ボッタス47点、5位ペレス44点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位レッドブル149点、2位メルセデスは1点差の148点。その後ろは、3位マクラーレン80点、4位フェラーリ78点、5位アストンマーティン19点となる。

(文=bg)

 
【F1 2021】第5戦モナコGPでフェルスタッペンが優勝 ポイントリーダーにの画像拡大

関連キーワード:
F1 2021, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事