「スバル・レヴォーグ」がJNCAPで大賞を受賞 2020年度の“最も安全なクルマ”に

2021.05.25 自動車ニュース

スバルは2021年5月25日、自動車の安全性能を比較・評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、スポーツワゴン「レヴォーグ」が「自動車安全性能2020 ファイブスター大賞」を受賞したと発表した。

事故発生時に作動する通報機能の採用も評価

JNCAPとは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が実施する自動車の安全性能評価であり、毎年、複数のモデルを任意にピックアップして衝突試験や予防安全機能の評価試験を実施。ウェブサイトなどでその結果を公表している。

試験の内容は、事故の傾向や自動車の技術革新に伴って随時変更されており、2020年度はこれまで個別に評価されていた衝突安全性能試験と予防安全性能評価試験、ならびに事故自動通報システムの評価を統合。車種ごとの総合的な安全性が、総得点で表されるようになった。

その2020年度のJNCAPにおいて、スバル・レヴォーグは190点満点中186.9点という高得点を記録。衝突試験において高評価を得たことに加え、同年度のテスト車両で最高の総合得点を記録したことから、ファイブスター大賞が付与された。

現行型レヴォーグは、2020年秋に発表された2代目のモデルであり、フルインナーフレーム構造の採用により前後左右すべての方向に対する衝突安全性を改善。前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグや、シートベルトによる拘束保護性能を高める助手席SRSシートクッションエアバッグなどによって乗員の安全性を向上させるとともに、歩行者保護性能を高めるべく全車のボンネットに歩行者保護エアバッグを標準装備している。

また予防安全・運転支援システムについては、視野角の広い新型のステレオカメラに加え、前後に4つのレーダーを搭載することで360°全方位センシングを実現した新世代「アイサイト」を全車に採用。ソフトウエアの性能向上や電動ブレーキブースターの採用などとあわせ、交差点の右左折時や見通しの悪い場所での出会い頭など、より幅広いシーンでの衝突回避支援機能を実現している。 

さらに、事故やトラブルの際に作動する自動通報機能などからなるコネクテッドサービス「スバルスターリンク」を採用。ドライバーにさらなる安心を提供するとしている。

(webCG)

スバル・レヴォーグGT-H EX
スバル・レヴォーグGT-H EX拡大

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース