ジャガー、Eタイプ50周年記念の特別限定車発売

2011.04.05 自動車ニュース

「ジャガーXK」に「Eタイプ」誕生50周年記念の特別限定車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツカー「XK」の特別仕様車「XK E50 リミテッド」を日本に導入し、2011年6月4日に発売する。

「XK E50 リミテッド」は、往年の名車「ジャガーEタイプ」の誕生50周年を記念する特別仕様車。「XKは、1961年3月にデビューしたEタイプの遺伝子を受け継ぐモデル」であることから、この節目の年に設定されることとなった。

ベースとなるのは「XK」シリーズのエントリーグレード「XK ラグジュアリー クーペ」で、19インチの「Tamana」アロイホイールやクロームのドアミラー、サイドパワーベントなどでドレスアップ。
インテリアにも、シートヒーターとシートクーラーを備えるチャコールの「パーフォレイテド ボンドグレインレザーシート」や、「エンジンスピン アルミインテリアパネル」などがおごられる。

また、ホイールのセンターバッジやシートのヘッドレスト、ドア開口部のトレッドプレートには往年のJAGUARロゴ(ジャガー・ヘリテージ・ロゴ)が入れられる。

ボディカラーは特別外装色の「ブラックチェリー」のみ。価格はベースモデルより35万円高の1235万円で、日本では10台限りの販売となる。

(webCG 関)

「ジャガーXK E50 リミテッド」
「ジャガーXK E50 リミテッド」 拡大

ジャガー、Eタイプ50周年記念の特別限定車発売の画像 拡大

関連キーワード:
XKクーペ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XKクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
ホームへ戻る