マセラティが藤原ヒロシとコラボ 「ギブリ オペラネラ/オペラビアンカ」を日本で初公開

2021.06.25 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ オペラネラ
マセラティ・ギブリ オペラネラ拡大

伊マセラティは2021年6月25日、ファッションデザイナーでありミュージシャンの藤原ヒロシとのコラボレーションモデル「ギブリ オペラネラ」および「ギブリ オペラビアンカ」を日本で発表した。全世界175台の限定生産モデルで、日本では40台のみが販売される。

ファッションブランド「フラグメント・デザイン」を主宰する藤原ヒロシと「ギブリ オペラネラ」。
ファッションブランド「フラグメント・デザイン」を主宰する藤原ヒロシと「ギブリ オペラネラ」。拡大
「ギブリ オペラネラ」は、ボディー上部がソリッドブラック、ボディー下部がマットブラック仕上げとなるエクステリアカラーが特徴。
「ギブリ オペラネラ」は、ボディー上部がソリッドブラック、ボディー下部がマットブラック仕上げとなるエクステリアカラーが特徴。拡大
フロントグリルは「ギブリ オペラネラ/オペラビアンカ」のためにデザイン・開発された専用アイテム。グリル右下にフラグメントの「Fragment」ロゴが備わる。
フロントグリルは「ギブリ オペラネラ/オペラビアンカ」のためにデザイン・開発された専用アイテム。グリル右下にフラグメントの「Fragment」ロゴが備わる。拡大
20インチサイスの「Urano(ウラノ)」ホイールはマットブラックに塗られている。フロントフェンダーの3連エアダクト下部には、「M157110519FRG」というコードが入る。
20インチサイスの「Urano(ウラノ)」ホイールはマットブラックに塗られている。フロントフェンダーの3連エアダクト下部には、「M157110519FRG」というコードが入る。拡大
アルカンターラとレザーで仕立てられたシートには、マセラティのエンブレムに加え、「Ghibli」と「Fragment」のロゴがシルバーで刺しゅうされている。
アルカンターラとレザーで仕立てられたシートには、マセラティのエンブレムに加え、「Ghibli」と「Fragment」のロゴがシルバーで刺しゅうされている。拡大
前席および後席のシートベルトはブルーで、インテリアのアクセントになっている。
前席および後席のシートベルトはブルーで、インテリアのアクセントになっている。拡大

キング・オブ・ストリートこと藤原ヒロシは1980年代に東京のストリートカルチャーを作り上げ、初めて日本にヒップホップを持ち込んだDJの一人。プロデューサー兼ミュージシャンとして、世界的なアーティストと作品を生み出してきた人物であり、オリジナルファッションブランド「フラグメント・デザイン」の主宰者としても知られている。フラグメント・デザインはナイキやリーバイス、ステューシー、バートン、ルイ・ヴィトン、モンクレールなどの世界的なファッションブランドとのコラボレーションも展開している。

今回発表されたギブリ オペラネラとギブリ オペラビアンカは、最高出力330PS、最大トルク450N・mを発生する2リッター直4ターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたスポーツセダン「ギブリ ハイブリッド グランルッソ」をベースに開発。前者は黒をテーマにボディー上部がソリッドブラック、ボディー下部がマットブラック仕上げの2トーンとなり、後者は白をテーマにボディー上部がソリッドホワイト、ボディー下部がマットブラックの2トーン仕上げになっている。

フロントグリルはこのモデルのためにデザイン・開発された専用アイテムで、グリル右下に「Fragment」ロゴが備わる。20インチサイズの「Urano(ウラノ)」ホイールはマットブラックに塗られ、Cピラーにもフラグメントの専用バッジが取り付けられた。

マセラティのデザインアイコンともいえる フロントフェンダーの3連エアダクト下部には、「M157110519FRG」というコードがペイントされている。この英数字の最初の4文字(M157)はギブリの開発コード、次の6つの数字(110519)は藤原ヒロシ氏がこのコラボレーション企画のためにマセラティデザインセンターに訪れた日(2019年11月5日)を、最後の3文字(FRG)はフラグメントを意味している。

内装はプレミアムレザーとアルカンターラのコンビネーションで構成され、シートやトリムのステッチ、ヘッドレストのトライデントマークや車名、ブランドロゴ部分の刺しゅうには、コントラストカラーのシルバーが用いられている。ブルーのシートベルトもこのモデルの特徴となる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 外装色(ネロ<黒>/ビアンコ<白>のソリッドカラー+マットブラックのバイカラー)
  • 専用グリル
  • 20インチ「ウラノ」マットブラックホイール
  • Cピラーのフラグメントエンブレム
  • アルカンターラ/レザーシート素材(「Fragment」ロゴ入り)
  • ブルーシートベルト
  • 専用ステッチ

価格は1425万円。2021年7月11日までの期間限定で東京・表参道にオープンするポップアップストアにおいて、ギブリ オペラネラが展示されるほか、藤原ヒロシ氏との共同デザインによって生まれた数量限定のカプセルコレクション(Tシャツやフーディー、キャップなど)が販売される。

(webCG)

「マセラティ・ギブリ オペラネラ」の詳細な写真はこちら

関連キーワード:
ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ ギブリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ オペラネラ 2021.6.25 画像・写真 伊マセラティは2021年6月24日、キング・オブ・ストリートこと藤原ヒロシとのコラボレーションモデル「ギブリ オペラネラ」を日本で公開した。全世界175台の限定生産モデルで、日本では40台のみの販売となるギブリ オペラネラの姿を写真で紹介する。
  • マセラティ・ギブリ ハイブリッド グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2021.8.25 試乗記 マセラティの新世代パワーユニット第1弾に位置づけられる、同社初のマイルドハイブリッド搭載モデル「ギブリ ハイブリッド」が上陸。電気の力が加わった直4ターボユニットに、果たしてマセラティテイストは健在なのか?
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • ジャガーFタイプR クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.6 試乗記 ジャガーのフラッグシップスポーツ「FタイプR クーペ」に試乗。まずはハンサムなフロントマスクに目を奪われるが、575PSにパワーアップした5リッターV8エンジンや熟成されたシャシーの完成度は、そのルックス以上に注目すべきものだった。
  • メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.8.13 試乗記 注目すべきは最高出力612PSのパワーだけにあらず。48Vのマイルドハイブリッド機構や電子制御スタビライザーなどのハイテクを満載した「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+」は、洗練された乗り心地とハンドリングも併せ持つハイパフォーマンスSUVに仕上がっていた。
ホームへ戻る