アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

2011.03.31 自動車ニュース

アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2011年3月30日、「BMWアルピナB3Sビターボ」の仕様・装備を変更し、発売した。

■84万6000円ぶんのオマケ

「BMWアルピナB3Sビターボ」は、「BMW 3シリーズ」をベースとするアルピナ社のハイパフォーマンスモデル。
3リッターターボエンジンはスペシャルチューニングにより410psと55.1kgmを発生、300km/hの最高速度を実現する。

今回新たに84万6000円相当の装備が追加され、これまでと同じ999万円で販売されることとなった。
具体的な品目は、以下の4点だ。

・ALPINAステアリングホイール LAVALINAレザー
・ALPINA CLASSIC(StylingIII)19インチホイール&タイヤセット
・iDrive ナビゲーションパッケージ2
・harman/kardon サラウンド・サウンド・システム

■廉価グレードも新設

これにあわせて、逆に「BMWアルピナB3Sビターボ」の基本装備を省いた新たなエントリーグレード、「BMWアルピナB3ビターボ」がカタログに加えられた。

一例を挙げれば、アルピナ車の特徴として知られるデコレーションラインが省かれるほか、インテリアのレザーやパイピングがやや廉価なものに変更され、レザーステアリングはオプション扱いに。19インチのアルミホイールも18インチにものに替えられる。

価格は、B3“S”よりも112万円安い、887万円となっている。

(webCG 関)

「BMWアルピナB3Sビターボ」
「BMWアルピナB3Sビターボ」 拡大
写真左のカブリオレも、172万円のオプション扱いで選ぶことができる。
写真左のカブリオレも、172万円のオプション扱いで選ぶことができる。 拡大
こちらは887万円からのプライスタグを付ける、エントリーグレード「BMWアルピナB3ビターボ」。
こちらは887万円からのプライスタグを付ける、エントリーグレード「BMWアルピナB3ビターボ」。 拡大

関連キーワード:
B3, BMWアルピナ, BMW, 自動車ニュース

BMWアルピナ B3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る