水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表

2021.07.15 自動車ニュース
ハーレーダビッドソン・スポーツスターS(日本仕様プロトタイプ)
ハーレーダビッドソン・スポーツスターS(日本仕様プロトタイプ)拡大

ハーレーダビッドソン ジャパンは2021年7月14日、大型二輪のニューモデル「スポーツスターS」を発表。同日、予約販売を開始した。

 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大
 
水冷のDOHCエンジンを搭載 ハーレーダビッドソンが「スポーツスターS」を発表の画像拡大

軽量・高剛性のボディーに強力なエンジンを搭載

「スポーツスター」シリーズは、1957年に誕生したハーレーダビッドソン伝統のモーターサイクルであり、当初は軽量・コンパクトな車体に高出力のエンジンを搭載したスポーツモデルとして登場。今日でも、取りまわしのしやすいサイズ感やスポーティーなキャラクターなどで人気を博している。今回発表されたスポーツスターSは、車体、エンジンともに従来モデルから刷新された全く新しいモデルであり、2021年7月13日(現地時間)に世界初公開された。

エンジンは、水冷式のクーリングシステムと吸排気可変バルブ機構付きのDOHC 4バルブという動弁機構を採用した、新世代のV型2気筒「Revolution Max(レボリューションマックス)」である。2021年春に登場したアドベンチャーモデル「パン アメリカ」から導入が進められているエンジンで、スポーツスターSに搭載される「レボリューションマックス1250T」では、1252ccという排気量はそのままにピストンや吸気系の形状を変更することで、低・中回転域でのトルクを強化。3000~6000rpmで最大10%のトルクアップを実現しているという。最大許容回転数は9500rpmで、最大トルクは125N・m/6000rpm。日本仕様の最高出力は発表されていないが、米国仕様は121HPと公称されている。

一方、車体はこのエンジンを剛体として用いる構造となっており、フロントフレーム、ミッドフレーム、テールセクションをパワートレインに組み付けて骨格を形成。フレームを大幅に省略することで軽量化と高剛性化を実現しており、特に車両重量は228kgと、既存の「フォーティーエイト」(252kg)や「アイアン1200」(256kg)から大幅に軽減された。

また車体については力強いスタイリングも大きな特徴で、シート高755mmというロースタイルに、やや前よりに設置された“フォワードコントロール”なフットレバー、17インチの太いフロントタイヤ、小型のフェンダーと、随所にクラシックなボバーカスタムを想起させるデザインを採用。同時に、切り詰められたテールセクションやハイマウントのツインマフラー、スリムなソロシート、フルLEDのヘッドランプ、バーエンドミラーなどで「都会的でパワフルなスタイリングを強調」(報道資料より)しているという。

大幅に強化された電子制御にも注目

6軸の慣性計測ユニットを搭載するなど、スポーツスターSでは電子制御も大幅に強化。緊急ブレーキ時のコントロールを支援するコーナリングABSや、ウエット路面などでの加速時に後輪が空転するのを防ぐコーナリングトラクションコントロールシステム(停車中にオフとすることも可能)、エンジンブレーキによる後輪スリップを抑制するコーナリングエンハンストドラッグトルクスリップコントロールシステムなど、ライダーをアシストする機能が多数搭載された。

また、状況に応じてパワートレインなどの制御を切り替えられるライディングモードセレクターも新たに採用。既定のモードは「スポーツ」「ロード」「レイン」の3種類で、ライダーが任意で各種制御を調整できる「カスタム」モードも用意している。

インターフェイスも刷新しており、ハンドルトップには速度計や燃料計などといったメーターの機能とインフォテインメント関連の機能を集約した、4インチの丸型TFTスクリーンを搭載。無反射ガラスカバーの採用により、幅広い照明条件のもとで高い視認性を実現しているという。

カラーリングは「ビビッドブラック」と「ストーンウオッシュドホワイト」「ミッドナイトクリムゾン」の3種類。価格はビビッドブラックが185万8000円で、その他のカラーリングは188万7700円となっている。日本での納車は、2021年秋に開始される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
スポーツスターS, ハーレーダビッドソン, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハーレーダビッドソン・パン アメリカ1250スペシャル/パン アメリカ1250【試乗記】 2021.7.14 試乗記 あのハーレーダビッドソンから、まさかのアドベンチャーモデル「パン アメリカ1250」が登場。アメリカの大自然が鍛えたブランド初のオフローダーは、“これが初出”とは思えないほどに高い完成度を誇るバイクに仕上がっていた。
  • ヤマハMT-09 SP ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.9 試乗記 アグレッシブな走りとスタイリングが自慢の、ヤマハのネイキッドスポーツモデル「MT-09」がフルモデルチェンジ。高い機動性に加え、上質なライドフィールも得た新型は、ヤマハ製スポーツバイクのスタンダードと呼べるマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る