スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円

2021.07.29 自動車ニュース
新型スバルBRZ S
新型スバルBRZ S拡大

スバルは2021年7月29日、スポーツカーの新型「スバルBRZ」を発表した。

 
スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円の画像拡大

スバルBRZは、スバルがトヨタと共同開発するFRのスポーツカーである。新型は2代目のモデルにあたり、トヨタの「GR 86」とベースとなる部分は共有しつつ、スバルブランドの個性を重視して走りの特性やデザインの一部を差異化。「誰もが愉(たの)しめる究極のFRピュアスポーツカー」を実現したという。

概要は既報の通りで、インナーフレーム構造や構造用接着剤などの採用によって剛性を高めた新設計のボディーに、初代より400ccほど排気量の大きな自然吸気の2.4リッター水平対向4気筒エンジンを搭載。トランスミッションには6段MTと、「スポーツ」モードの制御を刷新した6段ATを採用している。またルーフやフード、フロントフェンダーに軽量なアルミを用いることで、軽量化と低重心化を追求。タイヤには「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」を採用し、優れたコントロール性能と応答性を実現しているという。またAT車に対する予防安全・運転支援システム「アイサイト」の設定もトピックとして挙げられる。

グレードはベーシックな「R」と充実した装備が特徴の「S」の2種類で、ともにトランスミッションは6段MTと6段ATから選択可能。ボディーカラーは両グレードともに「WRブルー・パール」「サファイアブルー・パール」「イグニッションレッド」「クリスタルブラック・シリカ」「マグネタイトグレー・メタリック」「アイスシルバー・メタリック」「クリスタルホワイト・パール」の7種類から選択可能で、このうちイグニッションレッドは5万5000円の、クリスタルホワイト・パールは3万3000円の有償オプションとなっている。

新型スバルBRZの価格は以下の通り。

  • R:308万円(6MT)/324万5000円(6AT)
  • S:326万7000円(6MT)/343万2000円(6AT)

初年度の月間販売台数は500台を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
  • 新型スバルBRZ(その2) 2021.4.5 画像・写真 初代のデビューから約9年を経て、ついにフルモデルチェンジを迎えるスバルのFRスポーツカー「BRZ」。スバルが「『誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー』を実現した」と語る新型のディテールを、写真で紹介する。
  • スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円 2021.7.29 自動車ニュース スバルが2代目となる新型「スバルBRZ」を発表した。グレードはベーシックな「R」と上級モデル「S」の2種類で、それぞれに6段MTと6段ATを設定。ボディーカラーには「WRブルー・パール」を含む7種類を用意している。価格は308万円から343万2000円。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • 第651回:新型もこだわり満載! 開発者が語る「トヨタGR 86」と「スバルBRZ」の姿 2021.6.22 エディターから一言 いよいよ実車が一般公開された「トヨタGR 86」と新型「スバルBRZ」。トヨタとスバルが共同開発するFRスポーツの第2世代モデルは、どんなクルマに仕上がっているのか? 開発者にインタビューし、両モデルの走りの違いや、そこに込められたこだわりを聞いた。
ホームへ戻る