ジープの「レネゲード」「ラングラー」が価格改定 1%~3.6%の値上げに

2021.08.06 自動車ニュース

FCAジャパンは2021年8月6日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」とクロスカントリーモデル「ラングラー」の価格を改定した。

今回の変更は、新技術開発に向けた投資および原材料価格の上昇に伴うものであるという。1%~3.6%の値上げになる。

価格改定されるラインナップと新価格は以下の通り(カッコ内は従来価格との差額)。

【レネゲード】

  • ロンジチュード(FF車):308万円(+9万円)
  • リミテッド(FF車):372万円(+4万円)
  • トレイルホーク(4WD車):393万円(+4万円)
  • リミテッド4xe(PHEV/4WD車):510万円(+12万円)
  • トレイルホーク4xe(PHEV/4WD車):515万円(+12万円)

【ラングラー】

  • スポーツ(3.6リッター):536万円(+18万円)
  • アンリミテッド スポーツ(3.6リッター):558万円(+19万円)
  • アンリミテッド サハラ(3.6リッター):618万円(+19万円)
  • アンリミテッド サハラ(2リッター):635万円(+22万円)
  • アンリミテッド ルビコン(3.6リッター):658万円(+20万円)

なお、ガソリンエンジン搭載の4輪駆動車「レネゲード トレイルホーク」は、2021年11月に生産を終了すると発表されている。

(webCG)

ジープの「ラングラー」(左)と「レネゲード」(右)。
ジープの「ラングラー」(左)と「レネゲード」(右)。拡大

関連キーワード:
ラングラー, レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)【試乗記】 2021.8.18 試乗記 世界中で活躍するジープのコンパクトSUV「コンパス」がマイナーチェンジ。デザインをブラッシュアップし、装備を強化するなどの改良を受けた。装いも新たになった改良モデルの出来栄えを、中間グレード「ロンジチュード」で確かめた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る