日産が「ノート オーラNISMO」を発表 専用チューンで走りを強化

2021.08.17 自動車ニュース
日産ノート オーラNISMO
日産ノート オーラNISMO拡大

日産自動車は2021年8月17日、コンパクトカー「ノート オーラ」をベースとしたスポーティーバージョン「ノート オーラNISMO」を発表した。発売は同年秋を予定している。

「ノート オーラNISMO」専用デザインの前後バンパーやルーフスポイラー、ワイドリム化された専用17インチホイールなどを採用。外寸はベースとなった「ノート オーラ」よりも全長が80mm長く、全高が20mm低い設定となっている。
「ノート オーラNISMO」専用デザインの前後バンパーやルーフスポイラー、ワイドリム化された専用17インチホイールなどを採用。外寸はベースとなった「ノート オーラ」よりも全長が80mm長く、全高が20mm低い設定となっている。拡大
アルカンターラ仕上げのステアリングホイールやレッドカーボン調のコンソールフィニッシャーが採用された「ノート オーラNISMO」のインテリア。ダッシュボードやドアトリムなどは、レッドステッチ入りの専用合皮素材で覆われている。
アルカンターラ仕上げのステアリングホイールやレッドカーボン調のコンソールフィニッシャーが採用された「ノート オーラNISMO」のインテリア。ダッシュボードやドアトリムなどは、レッドステッチ入りの専用合皮素材で覆われている。拡大
「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」と呼ばれる12.3インチの液晶パネルを採用。画面表示は「ノート オーラNISMO」専用のデザインになっている。
「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」と呼ばれる12.3インチの液晶パネルを採用。画面表示は「ノート オーラNISMO」専用のデザインになっている。拡大
レッドのスタータースイッチやドライブモードセレクターは「ノート オーラNISMO」の専用アイテム。レッドカーボン調のセンターコンソールパネルには「nismo」のロゴが入る。
レッドのスタータースイッチやドライブモードセレクターは「ノート オーラNISMO」の専用アイテム。レッドカーボン調のセンターコンソールパネルには「nismo」のロゴが入る。拡大
NISMO専用チューンが施されたRECARO製スポーツシートもオプション設定される。価格は39万6000円。
NISMO専用チューンが施されたRECARO製スポーツシートもオプション設定される。価格は39万6000円。拡大

ノート オーラNISMOは、フォーミュラEからインスパイアされた「駿足(しゅんそく)の電動シティーレーサー」をコンセプトに、ニスモの魂とこだわりを注ぎ込んだというモデルである。レースで培った空力技術をベースにデザインされたエクステリアパーツや、強化シャシーを採用。高揚感をもたらすハンドリングや俊敏なレスポンスと伸びのある加速の実現などがうたわれている。

エクステリアでは、NISMOのアイコンであるレッドアクセントの「レイヤードダブルウイング」を用いたフォグランプ内蔵の専用前後バンパーやサイドシルプロテクターが採用され、フロントグリルやルーフスポイラー、ドアミラーもノート オーラNISMO専用のアイテムとなっている。レーシーなマットブラックと、キャビンとの一体感を高めるグロスブラックによる2トーンフードデカールがオプション設定されているのも、ノート オーラNISMOの特徴だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4125×1735×1505mmで、ベースとなったノート オーラよりも全長が80mm延ばされ、全高が20mm低い設定となる。2580mmのホイールベースや1735mmの全幅は両モデルに共通している。

バネ定数をアップしたスプリングや、モノチューブ式リアショックアブソーバーを日本国内向けNISMO車として初めて用いた専用サスペンション、ベースモデルよりもワイドリム化された17インチアルミホイール、「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤ、ESPアシストマップが専用開発となるESPなどでシャシーを強化。ボディー剛性を引き上げるために、リアゲート下部に補強材も追加している。

インテリアについては、アルカンターラ仕上げのステアリングホイールやレッドカーボン調のコンソールフィニッシャー、専用合皮素材が使用されたレッドステッチ入りのダッシュボードやドアトリム、センターアームレストなどが目を引く。スタータースイッチやドライブモードセレクターはレッドの専用アイテムとなり、シートベルトにもレッドが用いられた。

シートは「nismo」ロゴ入り合皮とファブリックのコンビネーション仕立てが標準仕様で、ホールド性に優れたサイドエアバッグ内蔵のRECARO製スポーツシートもオプション設定されている。

発電用のHR12DE型1.2リッター直3エンジンとモーターで構成される電動パワートレイン「e-POWER」は、基本的にベースとなったノート オーラと共通。FF車のみの設定で、モーターは最高出力136PS、最大トルク300N・mを発生する。ドライブモードについては、電動車ならではの力強いレスポンスと伸びのある加速を実現する「NISMO」モードを新たに設定。「ノーマル」モードや「ECO」モードにもNISMO専用チューンが施されている。

ボディーカラーは、4タイプの2トーンを含む全5種類がラインナップ。価格は286万9900円。

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • 日産が「ノート オーラNISMO」を発表 専用チューンで走りを強化 2021.8.17 自動車ニュース 日産自動車は2021年8月17日、コンパクトカー「ノート オーラ」をベースに専用の内外装や足まわりを採用したスポーティーバージョン「ノート オーラNISMO」を発表した。同年秋の発売を予定している。
  • 日産ノート オーラNISMO 2021.8.17 画像・写真 「日産ノート オーラ」をベースとした「NISMO」バージョンが登場。レース由来の空力技術をベースに開発された外装パーツや、専用アイテムで仕立てられたスタイリッシュな内装など、注目のディテールを写真で紹介する。
  • スバルがミドルサイズSUV「フォレスター」を大幅改良 「新世代アイサイト」を採用 2021.8.19 自動車ニュース スバルがミドルサイズSUV「フォレスター」を大幅改良。フロントマスクを中心としたデザインの変更に加え、予防安全・運転支援システムに「新世代アイサイト」を採用するなど、機能・装備を強化。運動性能や乗り心地の改善も図っている。
  • 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」を発表 日本仕様は2021年冬に発表を予定 2021.8.18 自動車ニュース 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」の米国仕様を発表した。歴代モデルをオマージュした意匠のボディーに、最高出力405PSの3リッターV6ターボエンジンを搭載。9段ATに加えて6段MTも用意されるという。日本仕様は2021年冬に発表される予定だ。
ホームへ戻る