「ボルボXC60」のインフォテインメントシステムがGoogle搭載で進化 「ポールスターエンジニアード」も限定で登場

2021.09.01 自動車ニュース
ボルボXC60
ボルボXC60拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2021年9月1日、ミドルサイズSUV「ボルボXC60」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

ボディーカラーに「サンダーグレー」「プラチナグレー」「シルバードーン」の3色が新設定された。
ボディーカラーに「サンダーグレー」「プラチナグレー」「シルバードーン」の3色が新設定された。拡大
Androidがベースとなる新しいインフォテインメントシステム「Google Apps and Services」を採用。ユーザーインターフェイスもアップデートされているという。
Androidがベースとなる新しいインフォテインメントシステム「Google Apps and Services」を採用。ユーザーインターフェイスもアップデートされているという。拡大
バンパーのデザインが変更された改良型「XC60」のリアビュー。
バンパーのデザインが変更された改良型「XC60」のリアビュー。拡大

Googleとの連携で機能性が向上

今回の仕様変更では、Googleを搭載した新インフォテインメントシステムの採用と、リニューアルされた内外装がトピックとなる。

新しいインフォテインメントシステムは、Androidがベースとなる「Google Apps and Services」と「Volvo Cars app」で構成される。Google Apps and Servicesでは、ナビゲーションシステム「Googleマップ」やアプリケーション「Google Play」が利用できるほか、音声操作システム「Googleアシスタント」も2021年末に利用可能となる予定だ。Volvo Cars appには、緊急通報サービスや故障通報サービス、盗難車両検索機能、リモートドアロック&アンロック機能、エンジンリモコンスタートなどが盛り込まれている。

エクステリアについては、フロントグリルや前後バンパー、各グレードのアルミホイールが新デザインに。また、外装色に「サンダーグレー」「プラチナグレー」「シルバードーン」が設定された。

インテリアでは、新インフォテインメントシステムの採用に伴い、ドライバーディスプレイ(メーターパネル)やセンターディスプレイ(タッチパネル)のインターフェイス画面デザイン、操作ロジック、機能等が一新されている。

そのほか、新安全・運転支援機能として前方の車両が発進したことに運転者が気づくよう信号音を鳴らし、センターディスプレイにシンボルとメッセージを表示する「先行車発進告知機能」や「リア衝突回避・被害軽減ブレーキシステム」なども組み込まれた。

XC60のラインナップと価格は以下の通り。

  • B5 AWDモメンタム:649万円
  • B5 AWDインスクリプション:749万円
  • B6 AWD R-DESIGN:809万円
  • リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション エクスプレッション:844万円
  • リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション:959万円

高性能限定モデルも設定

また、今回の一部改良に合わせ、ポールスター社のチューニングによってプラグインハイブリッドパワートレインの最高出力をベースモデル比で+87PSの333PSに、最大トルクを+240N・mの430N・mに高めた「T8ポールスターエンジニアード」も発売される。

同モデル専用の内外装デザインに加え、22段階に調整が可能なオーリンズ製DFVショックアブソーバーや曙ブレーキ製6ピストンフロントブレーキキャリパー、400mm径のドリルドベンチレーテッドブレーキディスクなどを採用。ボディーカラーは「ブラック」「クリスタルホワイト」「サンダーグレー」の全3色の設定となる。

T8ポールスターエンジニアードは先着順での販売となり、販売台数は40台限定。価格は1034万円。

(webCG)

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース