メルセデス・ベンツが「Eクラス」の装備を一部変更 新価格での販売を開始

2021.09.03 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、「メルセデス・ベンツEクラス」シリーズの装備の設定を一部変更するとともに、価格改定を実施。同月配車分より、順次新価格を適用すると発表した。

今回の変更では、「セダン」「ステーションワゴン」「クーペ」「カブリオレ」において、「Mercedes-Benz」のロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)を、「E450 4MATICエクスクルーシブ」と「AMG E53 4MATIC+」を除く全車に標準装備。クーペとカブリオレの「AMG E53 4MATIC+」には、AMGコントロールスイッチを標準で採用した。

同時に装備の簡素化も実施しており、「MBUX ARナビゲーション」の設定をEクラスの全車で廃止。「E200スポーツ」を除くクーペとカブリオレの全車において、フットトランクオープナー(トランク自動開閉機能)の設定を廃止した。またセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレのE200スポーツと「E300スポーツ」、セダンとステーションワゴンの「E200 4MATICスポーツ」と「E220dスポーツ」、クーペとカブリオレの「E450 4MATICスポーツ」において、ランフラットタイヤを廃止している。

各モデルの新価格は以下の通り。

  • Eクラス セダン:793万円~1298万円
  • Eクラス ステーションワゴン:835万円~1328万円
  • E220d 4MATICオールテレイン:966万円
  • Eクラス クーペ:858万円~1342万円
  • Eクラス カブリオレ:898万円~1403万円

今回の価格改定について、メルセデス・ベンツ日本は「原材料費の高騰などに対応するため」と説明している。

(webCG)

メルセデス・ベンツEクラス セダン
メルセデス・ベンツEクラス セダン拡大

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, Eクラス オールテレイン, Eクラス クーペ, Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • メルセデスAMG EQS53 4MATIC+ 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。AMGが手がけた最高出力761PS、最大トルク1020N・mのパワーユニットを搭載する、AMG EQS53 4MATIC+の姿を写真で紹介。
  • ランドローバー・ディスカバリーSE D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.7 試乗記 新型「ディフェンダー」のヒットによって立場が微妙になったのが同じランドローバーの「ディスカバリー」だ。ただし、新たに直6エンジンを搭載した最新モデルに乗ってみると、むしろ積極的に選びたくなるほどの魅力にあふれていた。
ホームへ戻る