メルセデス・ベンツが「Eクラス」の装備を一部変更 新価格での販売を開始

2021.09.03 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、「メルセデス・ベンツEクラス」シリーズの装備の設定を一部変更するとともに、価格改定を実施。同月配車分より、順次新価格を適用すると発表した。

今回の変更では、「セダン」「ステーションワゴン」「クーペ」「カブリオレ」において、「Mercedes-Benz」のロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)を、「E450 4MATICエクスクルーシブ」と「AMG E53 4MATIC+」を除く全車に標準装備。クーペとカブリオレの「AMG E53 4MATIC+」には、AMGコントロールスイッチを標準で採用した。

同時に装備の簡素化も実施しており、「MBUX ARナビゲーション」の設定をEクラスの全車で廃止。「E200スポーツ」を除くクーペとカブリオレの全車において、フットトランクオープナー(トランク自動開閉機能)の設定を廃止した。またセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレのE200スポーツと「E300スポーツ」、セダンとステーションワゴンの「E200 4MATICスポーツ」と「E220dスポーツ」、クーペとカブリオレの「E450 4MATICスポーツ」において、ランフラットタイヤを廃止している。

各モデルの新価格は以下の通り。

  • Eクラス セダン:793万円~1298万円
  • Eクラス ステーションワゴン:835万円~1328万円
  • E220d 4MATICオールテレイン:966万円
  • Eクラス クーペ:858万円~1342万円
  • Eクラス カブリオレ:898万円~1403万円

今回の価格改定について、メルセデス・ベンツ日本は「原材料費の高騰などに対応するため」と説明している。

(webCG)

メルセデス・ベンツEクラス セダン
メルセデス・ベンツEクラス セダン拡大

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, Eクラス オールテレイン, Eクラス クーペ, Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース